仕事中に音楽を聴くメリットとデメリットについて考えてみた。

f:id:Kawan0116:20201118180935j:plain

かわんです。

GLAYのベストアルバム買いました。いいでしょ!?(笑)。

3000円くらいで買いました。

自分へのクリスマスプレゼントです。

それはさておき、皆さんは仕事中に音楽を聴いていますか?

仕事中に音楽を聴くか否かは人によって異なるかと思います。

今日は、仕事中に音楽を聴くメリットとデメリットについて考えてみたいと思いますのでチェックして下さい。

仕事中に音楽を聴くメリット

まずは仕事中に音楽を聴くメリットを書いてみたいと思います。

メリットは人によって異なりますが、僕が考えるメリットを紹介します。

1.テンションが上がる

音楽を聞くとテンションが上ります。

ノリノリで仕事が出来ます。

苦手な仕事も楽々クリア(個人談)。

とにかく、音楽を聞くとテンションが上ります。

「音楽を聞くのだったらラジオでも良いのでは?」と思った人は、ラジオを聞けばOK!

僕は、音楽CDで音楽を聴きます。

ラジオを聴いていたのですが、最近、とても飽きました。

ラジオを聴くのは、寝る前だけです。

スリープタイマーにして、値落ち用にラジオを聴いています。

日中は、音楽を聞いています。GLAYのベストアルバムを買ったので、それをずっと聴いています。

2.リラックス出来る

音楽のジャンルによって異なりますが、僕は先ほど書いたGLAYでリラックス出来ています。

音楽CDは割りと持っている方ですが、GLAYが最高だと思っています。

こんな感じで4枚組みです。

f:id:Kawan0116:20201118180935j:plain

照明が映りこんで見づらいですね(笑)。

3000円ほどで買いました。

今も聴いていますが、とてもリラックス出来ています。

3.音楽を聞くと楽しい

音楽を聴くと楽しいです。何故楽しいのかと言うと、やはり好きな歌手の曲を聴けるからです。

基本的に、好きな曲しか聴かないと思いますし楽しいですよね。

音楽全般が好きな人であれば、ラジオのほうが向いているのかも知れません。

ラジオは、様々な音楽が流れますし、とても良いと思いますけどね。

ただし、ラジオはトークもありますので、音楽だけ聴きたいという場合は、そのようなラジオ局を探すしかないですね。

僕は10個ほどのラジオ局をさまよいましたが、音楽だけというモノはなかったです。

勝手な想像ですが、インターネットラジオであれば、そのようなモノがあるかもですね。

そういう訳で、音楽を聴くと楽しいですし、好きな曲であれば尚更楽しいかと思います。

4.気が紛れる

シンドイ仕事はかなりの負担。僕は、ひたすら物書きをしているので、かなり疲れてきます。

執筆に2時間ほどかかり、とても辛いのです・・・。

ちょっと逃げたくなりますが、書いてナンボの世界ですし、何とか踏ん張っています。

しかし、音楽を聞けばシンドさの気が紛れます。

まぁ、聴かないよりは聴いたほうが良いです。

5.集中力が増す

ただし、これは個人差があるかと思います。

僕の場合は集中力が増します。

ただし、音量の上げ過ぎには気を付けています。

音量をギリまで低くして、聞こえるか聞こえないかくらいにしています。

大音量で試したことがあったのですが、全くダメでした。

ちょっとだけ音楽を聴かないで作業してみたのですが、全くダメでした。

ただし、脳的には音楽を聴かないほうが良いそうです。

もし、脳を活性化させたいのであれば、音楽を聴かないほうが良いかも知れないですね。

6.安心する

音楽を聴くと安心します。

とても安心します。

僕は1人で作業をしていて、喋る相手もいませんし、人の声が恋しくなるときがあるんです(笑)。

なので、音楽は声を聴けるので安心します。

歌詞のないクラシックを試したことがあるのですが、全くダメでした。

今は、クラシックを聴かず、上で紹介したGLAYのベストアルバムを聴いています。

これで安心します。

7.カフェにいる気分になる

カフェに行くと、何かしら聴こえてくると思います。

音楽を聴いているとカフェにいる気分でもあります。

僕の場合、安いコーヒーを飲みながらカフェにいる気分で作業をしています。

とても優雅です。カフェ代が浮きます。カフェに行く時間を節約できます。

まぁ、週に1度はカフェに行って作業したいとは思いますけどね。

コロナがあるので行かないですけどね。

家で作業します。

仕事中に音楽を聴くデメリット

続いて、仕事中に音楽を聴くデメリットについて書いてみたいと思います。

1.音量が大きいと気が散る

上でも触れましたが、音量が大きいと気が散ります。

どうしても音楽に意識が行きがち。

これも上で触れましたが、音量を限りなく低くする理由はここにあるのです。

音楽に意識が行くと作業が捗りません。

よって、音量が大きいと気が散ります。

音楽には色々とメリットがありますが、音楽が原因で気が散るのは避けたいところですね。

音楽は音量がとても重要なポイントだと思っていて、音量には細心の注意を払っています。

2.知っている曲だとそっちに意識が行く

知っている曲だと、そっちに意識が行きます。

僕はGLAYが好きで、先ほど書いたようにベストアルバムを聴いている訳ですが、ベストアルバムは知らない曲ばかりなので意識は、ほぼ行かないです。

よって、知っている曲ばかりだと、そっちに意識が行くので、あまり聴かないですね。

もちろん、ベストアルバムでも知っている曲が流れる場合もあります。

そのときは、聴き流すようにしています。

完璧ではないですけどね。

割合的には知らない曲のほうが多いので、大きな問題にはなっていません。

まとめ

今回は、仕事中に音楽を聴くメリットとデメリットについて書いてみました。

個人的には、デメリットよりメリットのほうが多いので、仕事中は音楽を聴くと思います。

皆さんの職場で、音楽を聴きながら仕事をしても良いなら、試してみれば良いかと思います。

ただ、音楽の影響で仕事が疎かになるなら、やめておきましょう。

今日はこの辺で終わりたいと思います。最後までお付き合い頂きありがとうございました。