立ち机で作業をしていて。

f:id:Kawan0116:20210210185544j:plain

かわんです。

現在、立ち机で作業をしています。

要するに「スタンディングデスク」ということですね。

オーダーメイドで立ち机を作ってもらった

元々、座って使う用のデスクに段ボール箱を積んで「なんちゃって立ち机」にして作業をしていました。

コストがほぼかからない分、品質も良くないです。

タイピングすると立ち机全体が揺れます。

とてもイライラする訳ですね。

なので、オーダーメイドでガチガチに固い木材で立ち机を作ってもらいました。

今は、それを使っております。

かなり快適。タイピングしても揺れません。

中々いい・・・。

右耳に不調をきたす

とは言え、ちょっとした事が起きました。

その内容とは、立ち机でしばらくの間作業していると、右耳がこもる感じになります。

座ると治ります。

右耳に不調をきたす・・・。

ひと時の間、立ち机を使っておりませんでしたが、ちょっとストレスを軽減する方法を見つけました。

ネットで見つけた情報なので、実際はどうなのか分かりませんが、音楽を流しています。

これで右耳の不調は激減しました。

恐らく、ストレスで右耳に不調をきたしていると判断し、音楽でカバー。

でも、それでも治らないのであれば、立ち机は諦めるか、念のため、耳鼻科に行くことですね。

今のところはそんな感じで思っています。

立ち机は効率が良くなる?

立ち机は効率が良くなるのでしょうか!?

個人的な考えとしては、あまり変わらないと思っています(笑)。

なので、ひと様に立ち机をオススメする訳ではありません。

そもそも、立ち机は高いですし、購入するには勇気が必要です。

「果たして、立ち机に慣れることが出来るだろうか・・・」って不安になりますよね。

もし、その不安が大きいなら昇降式が良いかと思います。

座っても立っても使えるデスクですね。

少し高いのが難点ですけどね。

ちなみに、僕の立ち机は昇降式ではありません。高さは固定。

身長に合わせて作ってもらったのでマッチしていますけどね。

立ち机で作業をしていると体が温まるので、1日中エアコンを使う必要がない

立ち机は体が温まりますので、エアコンを使わなくても問題ない時間帯があります。

座って作業をしているときは、足元が冷えましたが、立ち机で解消されました。

電気代の節約になって良いと思っています。

電気代がかかるという無言のプレッシャー・・・。

かなりキツイ(笑)。

立ち机で少しばかり電気料金が安くなればと思っています。

カウンターチェアが欲しい

カウンターチェアが欲しいと思っています。

アマゾンで見ていますが、どうもサイズが合わなくて・・・。

カウンターチェアに腰を掛けながら作業したいと思ってみたりしています。

予算は1万円ほどで考えていますが、まぁ、一度はお店に行って実物を見たいですね。

近所にお店があるので、一度見に行ってみようと思っています。

カウンターチェアがあればシャレオツな作業環境となっていい感じだと思いますけどね(笑)。

今後も立ち机で作業をするだろう

個人的には、今後も立ち机で作業をしたいと思っています。

立ち机は気に入っていますので・・・。

せっかくのオーダーメイドだし、使わないと損だと思っています。

ちなみに、父親が大工なので作ってもらいました。

世界に1つだけしかない立ち机です。

そりゃ座りたい時がありますよ

ぶっちゃけ座りたい時もありますよ。

例えば、起きた直後とか。とてもシンドイですし。

なので、作業開始は起床時間の1時間後と決めています。

それで大丈夫になります。

それでもシンドイなら、素直に座って作業をします。

「絶対に立ち机で作業しないといけない」という決まりはありませんので・・・。

臨機応変に対応という形です。

ポモドーロテクニックを使って

ポモドーロテクニックを使っています。5分の休憩時間に座って休むのです。

僕は1日に10時間ほど作業をします。

普通に考えて10時間も立ち机に向かうのは無理があります。

立ち机で作業するにはポモドーロテクニックが便利なのです。

ちなみに、ポモドーロテクニックとは、

  • 25分作業
  • 5分休む

の繰り返し。誰でもできるテクニック。

気になる方はしてみてくださいね。

恐らく、「シンドイな」と思うでしょう(笑)。

ホント、興味のある方はしてみてください。

特に立ち机をオススメしない

立ち机のメリットは以下のようなモノがあります。

  • ダイエット効果がある
  • 多少の運動不足解消になる
  • 腰痛改善
  • 集中力アップ

などなど。個人的に感じたことは無し。

立ち机のメリットは「あってないようなモノ」、あるいは「無いようであるモノ」。

最後は興味があるかどうかですね。

テレワークで立ち机を導入している人がたくさんいるようですが、まぁ、導入は慎重にというのが僕の意見です。

さいごに

立ち机は最高とは思えませんが、興味のある方は、身の回りにあるモノで立ち机を作るという方法もあります。

今は違いますが、その昔、座って使うデスクの上に段ボール箱を積んで立ち机にしていたことがあります。

まずは、そのような感じで試して、本格的に導入したいのであればネット通販やお店でチェックされることをオススメします。

おわり。