万年筆のメリットについて

f:id:Kawan0116:20210314133805j:plain

いつからか忘れたけど、かなり前から万年筆を使っている。

万年筆にメリットはあるのか?

今日は、万年筆のメリットについて書きたいと思う。

軽いタッチで書ける

強く書かないといけないという訳ではなく、軽いタッチで書ける。

僕なんかは、割りと強く書く癖があるのだけど、万年筆はその必要なし。

流れるようにスイスイと書ける・・・。

こればっかりは文章で伝えづらいが、シャーペンやボールペンと違った書き心地なのである。

ぶっちゃけ、最初は使いにくかったけど、今は万年筆以外有り得ないと思っている。

ちなみに、シャーペンやボールペンを持っているが、全く使っていない。

万年筆オンリーなのである。

とにかく力を込めて書く必要がない。

個人的にあまりに力を込めるとペン先が破損するかも知れない。

あくまで、僕個人の考えだけどね。

愛着が湧く

万年筆を使っていくと、とても好きになる。使いやすいしね。そして、愛着が湧くのである。

手書きする必要があったら、万年筆以外有り得ないと思っている。

主に日記やメモを書くのだけど、万年筆だけである。

一点だけ問題があるとすれば、僕はカートリッジのインクを使っているのだけど、少々高いのである。

そこが問題だけどね。まぁ、払えない訳ではないので今後もカートリッジを買いたいとは思うけどね。

見た目がオシャレ

万年筆によるけどね。見た目がオシャレである。

僕はPILOTのカクノを使っている。

万年筆はとても高いモノがあるけれど、高いのは気を使って使わないといけないし、こまめにメンテナンスする必要がある。

そうしないと気が済まない。あくまで僕の意見だけどね。

カクノは確か1000円くらいで買った。

僕のはスケルトンで見た目がオシャレ。そして、インクの残量が分かりやすい。

見た目がオシャレでインクの残量も分かる。壊れても1000円出せば買える。

あまり気を使わないでいいし気が楽である。

個人的に、万年筆は消耗品だ。愛着は湧くけど消耗品。

見た目がオシャレで消耗品。

今後もカクノを使っていくだろう。

手書きの新鮮さがある

万年筆を使う前は、何でもPCで書いていた。

「手書きなんて字が汚いしダメだ」と思っていたのである。

しかし、今はバリバリで手書きをする機会が多い。

僕は日記やメモを万年筆で書いている。

PCでも書けるけど、万年筆のほうがシックリくる。

字は汚いけどね。まぁ、誰にも見せないしいいかなと。

ちょっとしたメモも書くね。

手書きの頻度が格段にアップしたのである。

ぶっちゃけ、手書きはめんどくさいと思う時があるよ。

でも、万年筆を使いたいので、今後も万年筆を使って日記やメモを書く。

PCでは書かないね。

それが僕の中でのルールなのである。

さいごに

デメリットもある。

それは、先ほど書いたようにインクが高いことである。

僕にとってデメリットはそれくらい。

人によってはメンテナンスの手間があるというのもあるけれど、僕はメンテナンスしないので・・・。

壊れたら再びカクノを買う。

今のところはそんな感じである。