カナル型イヤホンのイヤーチップが耳の中で外れた件。

かわんです。

今年初の驚いたこと。それは、イヤーチップが耳の中で外れたことです。

カナル型イヤホンを使っている

僕の場合、カナル型イヤホンを使っています。

使用歴は半年ほど。毎日、使っています。

ただ、僕はイヤホンよりヘッドホンが好き。

「なんで買ってるんだ!?」

と指摘されたような気がしますが、どうしても必要なのです。

よって、カナル型イヤホンを使っていました。

耳の中に残った

イヤーチップを右側だけ交換しました。

右耳側のフィット感が悪くて、付属されているイヤーチップを交換。

結果、あまり変わらず右耳側を外すと、イヤーチップが耳の中に残ったまま!!!

「ヤバイわ、これ」

ってなりました。とりあえず、「ピンセットで外そう」と思ったのですが、ピンセットはありません・・・。

絶望感しかない。

「耳鼻科に行く!?」

なんて思ったのです。幸い、耳鼻科は近所にあります。

「耳鼻科に行くしかないかぁ・・・」

と思ったのでした。

自力で取り出せた

右耳を下に向け、左側の頭を叩く・・・。

「だ、ダメだ・・・」

やはり耳鼻科に行くしかないか・・・。

でも、耳の中で上手くイヤーチップを掴むことが出来たので取り出すことが出来ました。

ホッとなでおろす僕。

いやぁ~。かなり焦りましたね(笑)。

耳鼻科に行かなければならないところだった

ほんと、耳鼻科に行かなくて良かった。

イヤーチップが耳の奥まで行かなかったのが不幸中の幸い。

でも、ピンセットがあれば焦らなくて良かったかもですね。

あとは、耳かきでかきだすことですね。

今回は指でつまむことが出来たので良かったですが。

カナル型イヤホンは怖いので使わない

今後、カナル型イヤホンを使うのは中止しようと思っています。

先ほど、ヘッドホンが好きだけどイヤホンを使う必要があると書きました。

しかし、今後、ヘッドホンだけで行こうと思っています。

今は、ヘッドホンを付けています。

ヘッドホンだと大丈夫。イヤーチップは耳に残らない。

ヘッドホンが最強だと思っています。

本体にちゃんと装着しなかった僕が悪い

本体にちゃんと装着しなかった僕が悪いのです。

適当にしたもんな(笑)。

そりゃ外れる(笑)。

カナル型イヤホンを使っている人は、本体にちゃんと装着してから使いましょう~。

僕は自力で取り出したし痛くも痒くもなかったですが、最悪、耳鼻科に行く必要がありますからね。

注意してください。

今後はヘッドホンを使う

今、ヘッドホンを使っています。安心して使えております。

今後、カナル型イヤホンを使うことはないかと思いますので、それは大切に保管しておきたいと思っています。

さいごに

元々、右耳側の装着感が悪く、耳の奥まで突っ込んでいました。

なので、右耳側だけ色々とイヤーチップを替えていたときの出来事。

いやぁ~。怖い思いをしました。

今年で1番驚いて怖くなった出来事でありました。