約半年日記を続けてどうなったかというお話。

f:id:Kawan0116:20201229210458j:plain

かわんです。

日記は半年ほど続いております。今日は、約半年日記を続けてみたお話を書きたいと思います。

字の汚さにイライラ

とにかく字が汚いです。自分では何とか読めても、他人が見ると読めないでしょうね。まぁ、誰にも見せませんけどね。

これはずっとそうなっていて、これは、「綺麗に書かなくても良い」と思っているので、字が綺麗になることはありません。

ただ、最近、少しは綺麗に書きたいと思うようになりました。まぁ、上達しないですけどね(笑)。この点に関しては諦めています。

万年筆が良い感じ

半沢直樹のドラマで万年筆が出てくるシーンがあります。それを見て「万年筆を買おう」と思ったのです。しかし、万年筆の使い道がありません。そこで、日記を始めたのです。

よって、日記を書きたいからではなくて、万年筆を使いたいから日記を始めたのです。半沢直樹で万年筆が出てこなければ日記は書いていないと思います。

万年筆は今でも使っております。日記を続けているので当然ですけどね。予備インクが沢山ありますので、いくらでも書けます。

1日に1ページほど使う

5冊パックの安いノートを使っております。確か400円くらいで買いました。毎日1ページほど書いています。日によっては3ページとか書く場合もありますけどね。

ノートに関しても沢山の予備がありますので、慌てて買いに行く必要はありません。思う存分書くことが出来ます。

なお、一時期はノートにもこだわっていたのですが、財布に厳しいのでやめました。1冊300円ほどするモノを使っていました。

メンタルが改善

愚痴ばかり書いているのでメンタルが改善します。心に溜め込むことがないので、ネガティブ思考もなくなります。

愚痴は溜め込むとかなりイライラしますよね。そしてネガティブなモノになります。愚痴を聞いてもらうと、少しは改善しますが、僕の場合、愚痴を聞いてもらえる相手がいません。

なので、日記に書いて愚痴を晴らします。その結果、先ほど書いたようにメンタルが改善します。

真っすぐ書けるようになった

日記を続けていなかったときで、無地のノートに書いたことがありました。その結果、文章が斜め上になってしまっていました。

日記のノートは横線が印刷されていて、その線に沿って書きます。その結果、無地のノートでもまっすぐ書けるようになりました。

さいごに

2021年も日記を続けます。日記無しでは生きていけません(笑)。

今日も日記を書きました。

明日も書きます。