アンダー気味に撮る。

f:id:Kawan0116:20200920132016j:plain

本日は、晴れたり曇ったりしています。

写真を撮るのは結構難しいのです。

晴れたら明るくなるのでカメラの明るさを変えたほうが良いです。

風景を撮るのがほとんどで、空の色に注目します。

なので、空の色に満足できるまで、明るさを変えています。

逆に曇ったら、晴れているときと比べて暗くなるので、これまたカメラの明るさを変える必要があります。

外の明るさが一定であれば、カメラの明るさをそんなに変更することは無いのですけどね。

今は家にいて、外は晴れているような感じですが、写真撮りに行ったときは、曇っていました。

よって、明るさを「暗く」しました。

普通に考えれば、暗いときは、カメラの設定で明るさをあげる必要があります。

しかし、冒頭の写真はアンダー気味に撮っています。

なぜかと言うと、明るくしたら空が白飛びするからです。

よって、空の明るさのみに重点を置いて、アンダー気味に撮りました。

これで、空は白飛びしていないはず。

あ、一部は白飛びしていますが(笑)。ほんのちょっとなので許す(笑)。

ということで、ポイントを書いてみます。

ポイント

曇っている日にカメラの明るさを高くすると雲が白飛びする可能性があります。

そんなときは、カメラの明るさ設定を見直しましょう。

という感じです。

簡単ですよね。

お試しください。

おしまい。