風景を撮るとき、水平に気を付けたほうが良いけど・・・

f:id:Kawan0116:20200829154137j:plain

カワンです。

元々、花マクロが得意だったのですが、今は、風景を撮る機会が多いです。

何故かと言うと、近所で花が咲いていないからです。

大規模公園に行くと、何かしらの花が咲いているようですが、電車で30分ほどかかるので行かないのです。

それはさておき、風景を撮る上で気を付けないといけないのは、水平に撮ることです。

要するに、地面が斜めになっていると、風景はちょっと問題があるという感じです。

冒頭の写真は水平に撮っています。安定した感じですよね。

ところが、ちょっと傾けて撮るとどうなるでしょう・・・。

f:id:Kawan0116:20200829154203j:plain

不安定だと思いませんか?見る人によってはこっちのほうが良いかもですが、背景を撮るなら、水平に気を付けるのが常識です。

ただですね、地面を45度くらいに傾けると、評価は一変します。

f:id:Kawan0116:20200829154326j:plain

ダイナミックに見えないですか?

僕が言いたいのは、傾けるなら思いっきり傾けましょうという事です。

45度をベースに考えれば良いかと思います。

もちろん、水平が1番良いとは思うのですが、ちょっとダイナミック感を出すとか、平凡な風景を派手にしたい場合は、思い切って傾けることをオススメします。

ただ、とりあえず水平で撮って、そのあと傾けて撮るのが良いかと思います。

上の写真は、水平の写真を編集で傾けました。よって、傾けたことにより、写らない部分が発生しています。

写真をご覧頂くと分かるかと思いますけどね。

写真を撮るときは、水平と傾き、各1枚ずつ撮るのをオススメします。

理由は、先程書いたように、水平写真から編集で斜めにすると写らない部分が出てくるからです。

カメラを斜めに向けてファインダーをのぞくと、また違った風景が見えて新鮮ですよ。