小説を書こうと思っています。

カワンです。

アクセス数が瀕死になっています(笑)。

どうしたものかと・・・。

気にしないのが1番・・・。

それはさておき、今、小説を書こうと思っています。

今日は、なぜ小説を書こうと思った理由を書いてみたいと思います。

小説を書くことにしたきっかけ

答えは単純で、ブログの執筆に飽きたのと、ちょっと自分の世界を表現したいと思いました。

ぶっちゃけ、ブログでも表現できますが、小説として残しておきたい。

そんな感じで思っているのです。

小説に関しては、かなりの素人になります。

ただ、ブログを書いているので、文章作成については問題ないと思っています。

ポイントは、自分の世界をちゃんと文字化できるかどうかですね。

頭で考えるより、まずは行動してみる・・・。

それが良いと思っています。

カクヨムに登録

小説を書いて、どこで発表しようかと思ったのですが、色々と調べると「カクヨム」にたどり着きました。

他にもあるみたいですが、カクヨムを使おうかと思っています。

今、発表されている作品を読んでいますが、皆さん凄い・・・。

ぼくも凄い文章を書けるのであろうか!?

ぼくにしか書けない小説があるので、それを武器にしたいと思っています。

ブログで文字を書く練習はしているので、問題ないと思う

ブログ歴が3年あって、文字を書く練習はしているので、小説を書くのは問題ないと思っています。

大まかに言えば、小説はブログの長文版だと思っています。

そのノリで行けるのかなという不安はありますが、とりあえず行動しないとダメだと思っています。

ウジウジ悩んでいるなら、さっさと小説書けって話ですね(笑)。

そんなに甘い世界ではないですね

ブログもそうですが、小説もそんなに甘い世界ではないですね。

甘い世界なら、沢山の人が、小説を書きますもんね。

ただ、ブログの執筆に慣れているのなら、小説は書きやすいかもですね。

それを信じているのですが、やっぱり行動してみないと分からないのであります。

何事も行動してみないと分からないのであります。

今、小説の構成を練っているところです。

これが固まったら小説を書きたいと思っています。

家族に話したら「ま、頑張り」と冷たく言われた

家族に話をしてみました。

その結果、

「ま、頑張り」

と冷たく言われました(笑)。

「くっそ・・・」

と思いつつ、小説でビックリとしてもらおうと思っています。

カクヨムで小説を発表する前に、家族に読んでもらおうと思っています。

それで高評価だったら、カクヨムに小説を投稿します。

楽しみですね(笑)。

ブログより楽しそうだと思った

ブログも小説も書いてナンボという共通点があります。

そして、今はブログより楽しそうだと思っています。

未知の領域へ足を踏み入れるのは、とても楽しいですね。

とりあえず、小説を書いてみます。

ブログに費やしていた時間を小説書きにあてる

ブログに費やす時間を使って小説を書きます。

ただ、ブログも毎日1記事は更新したいと思っていますけどね。

ブログを書きつつ小説も書きます。

まずは3流から

まずは3流から始めます。

そして、経験を積んで2流に。

そして最後は1流に。

何年かかるか分からないですが、1歩ずつ行動していきます。

さいごに

小説を書きたい気持ちが沸々と湧いていて、でも構成があまりに練れていないので、全く書けないです。

前途多難だ(笑)。

まぁ、ボチボチと小説を書いていきます。

おしまい。