生きるのが辛いなら、ちょっと休めば良いよ。頑張り過ぎだよ

カワンです。

生きるのが辛いと感じる場合がありますね。ぼくにもあります。

そんなときはどうすれば良いでしょうか?

生きるのが辛いなら、ちょっと休めば良いです

生きるのが辛いという場合は、ちょっと息切れしています。

ちょっとだけ休めば良いです。

そうは言っても、学校や会社で休むのはちょっと無理かもしれないですね。

そんなときは、休み時間くらいボケっとすれば良いのです。

そのためにお昼休みがあるのです。休む暇のないときはどうしたら良いのかというお話になりますよね。

そんなときは、もう、勇気を出して休む必要があります。

休まないと疲れますし、そのせいで生きるのが辛くなります。

よって、勇気を持って休んでください。

どうしても無理な場合は、どうしようもないですが、小休止くらいはできるかと思います。

そのときに、しっかりと休んでください。

休むのが重要なのです。

頑張り過ぎはダメです

生きるのが辛いときは頑張りすぎです。ちょっと休んでください。

休むことに罪悪感を持つ必要はありません。

そして、頑張りすぎは心身ともに消耗します。

最悪、精神的な病になる可能性もあります。

これは人によって異なりますけどね。

よって、そうなる前に休んでください。

とにかく、頑張りすぎはダメです。

それに、頑張ってもどうにもならないこともあります。

とにかく頑張りすぎはダメです。

程々に頑張って、心に余裕を持たせてください。

それでも生きるのが辛いと思った場合

それでも生きるのが辛いと思う場合があるでしょう。

それは、慢性的な疲れからきていると予想します。

その場合は、週末の休みに思いっきり休んでください。

自分の好きなことをすればよいです。

好きなことは人によって様々。何が良くて何が悪いというモノはありません。

何もしたくないのであれば、無理して何もしなくても良いです。

とにかくリフレッシュしてください。

個人的にはブログをオススメしますけどね。

文章を書くのが好きでしたらブログをオススメします。

ルールを守って自由に書けば楽しいモノとなります。

ブログは無料で始めることができる場合がありますので、財布に優しいです。

さいごに

最後の1秒まで人は生きる必要があります。

どうせなら楽しんで人生を歩いていきませんか?

生きるのが辛いという場合は、その根元を断捨離する必要があります。

あなたは、なぜ生きるのが辛いのでしょうか?

その原因を突きとめて、対応していけば生きるのが辛いという考えはなくなるかと思います。

ちょっと週末のお休みのときに、なぜ生きるのが辛いのか考えてください。

そして、対策を考えてください。

その結果、生きるのが楽しくなるかも知れないですよ。

諦めないで取り組んでみてくださいね。