ポモドーロテクニックは、こんな人には向いていないと思う

f:id:Kawan0116:20200602141208j:plain

カワンです。

ポモドーロテクニックについてなのですが、ポモドーロテクニックは使えなくても問題ないだろうという人を考えてみました。

これからご紹介しますので、是非お付き合いください。

元々、集中力がある人

ポモドーロテクニックは、集中力があまりない方を対象にしているテクニックだと理解しています。

よって、元々、集中力がある人は、ポモドーロテクニックを使う必要はないかと思います。

ちなみに、僕は集中力がある方ですが、ポモドーロテクニックをしないと、ドンドン作業していって、休憩も取らないから運動もできないという感じになるので、ポモドーロテクニックを使っています。

僕の場合、ちゃんと休憩時間を取る為に、ポモドーロテクニックを使っています。

ちなみに、僕はキッチンタイマーを使ってポモドーロテクニックをしています。

時計さえあれば問題ないのですが、何となくキッチンタイマーの方が使いやすいと感じたので、お店で買ってきました。

約600円で買ったのですが、便利良く使えております。買って良かったと思っています。

作業を途中で止めたくない人

ポモドーロテクニックは、25分作業したら5分休むの繰り返しですが、作業に没頭している時に休憩時間が来ると、作業を止める必要があります。

ただ、25分で終了出来ることを設定すれば、休憩時間が来ても問題ありません。

僕の場合、ブログの執筆でポモドーロテクニックを使っていて、25分では絶対に書ききらないので、休憩をはさんで、ひたすらブログの執筆をしています。

ただ、休憩から戻ってきたときに、どこまで書いたか確認する必要がありますし、書きたいことを忘れたという事にたまに遭遇します。

よって、ブログの執筆など、文章を書く作業では、実は、ポモドーロテクニックは向いていないのではないかと考えています。

もちろん、ポモドーロテクニックの休憩で中断しても良いなら、ポモドーロテクニックを使えば良いかと思います。

マイペースで行きたい人

時間に縛れずに、マイペースで行きたい人はポモドーロテクニックを使うべきではありません。

ストレスを抱えてしまいます。僕は、割と時間に縛られるのが嫌ですが、休憩時間を定期的に作りたいのでポモドーロテクニックを使っています。

ただ、この辺は、自分の裁量で行けますのでポモドーロテクニックにこだわる必要はないかなと思っている場面があります。

キッチンタイマーを購入したので、使わないと損という感じで思っていますので、ポモドーロテクニックを使いますけどね。

ただ、置いていても腐るモノではありませんので、仮にポモドーロテクニックを中止したら、大切に保管したいと思っております。

現実的に無理な人

ポモドーロテクニックは全ての人に使えるモノではないかと思っています。

例えば、コンビニの店員さんが、ポモドーロテクニックを使っていて休憩中に、お客さんが来ても何もしないというのは無理だと思います。

よって、1人で出来る作業であればポモドーロテクニックを使うことが出来るかと思います。

ポモドーロテクニックは全ての人が使える訳ではないので、そこは理解しておく必要があります。

さいごに

個人的に、ポモドーロテクニックは良いとも思わないですし、悪いとも思っていません。

よって、特にオススメするものではないですが、集中力が散漫になって作業がはかどらないのであれば、一度ポモドーロテクニックをしてみても良いのではないかと考えます。

ポモドーロテクニックは時計があればできるので、興味のある方は、この記事を読んだ後に始めてみてください。

それで、合うならそのまま続けても良いですし、合わないならポモドーロテクニックは使わない方が良いです。

僕は、今後もポモドーロテクニックを使っていきます。その理由は上で書いた通りです。

今もポモドーロテクニックを使ってこれを書いています。残り時間は12分ほどとなっています。

今後もポモドーロテクニックを使っていくつもりです。

ポモドーロテクニックに興味がある方は、お試しくださいね。