人と比べるのをやめるのは無理なのか考えてみた

かわんです。

生きていると、必ず人と比べてみるでしょう。

人と比べないのは無理

どうしたって、人と比べてしまいますよね。

比べた相手に対して、自分はその人より上か下かと・・・。

その人より上だと気持ちが良いのですが、その人より下だと凹みます(笑)。

まぁ、凹んだ時は、はい上がって、その人のレベルになる必要がありますね。

ただ、比べた相手が成長したら、その差は縮まりません。

そして、なおさら凹む訳ですね。

僕の場合、数人の方と比べています。

今のところ、その人より上だとは思っていません。

なので、はい上がろうとしているのですが、差は縮まないです(笑)。

なので、僕は逃げました(笑)。

もう、その数人の方と比べるのは止めました。

その結果、結構良い感じです。気が楽になりました。

ただ、差を縮めようとしている時は、レベルを上げていこうという向上心がありましたが、今は向上心はないです(笑)。

これは良いのか悪いのか分からないですが、気が楽になっているので、個人的には良いと思っています。

過去の自分と比べてみる

過去に比べて自分は成長出来ているのかと・・・。

ただ、先ほど書いたように向上心が一切ありません(笑)。

なので、成長はしないのかなという感じです。

まぁ、それでも良いです。今のままで十分です。

後退しなければ良いと思っています。

成長もしないし後退もしない。

要するに、現状維持という形ですね。

これはこれで結構気を使いますけどね。

「自分は後退していないか」と常に自問自答していますからね。

今のところ、後退している気配はありません。

これでOKだと思っています。

何より気が楽だという感じです。

自然体でいっているような感じです。

さいごに

僕の場合は逃げました(笑)。人と比べてシンドイ思いをしたくないので・・・。

今、とても良い感じです。人と比べる思いがドロドロと溶けているような感じです。

どうしても比べる必要があるのなら、過去の自分と比べます。

過去の自分に比べて成長しているかどうか、あるいは後退をしていないか。

理想は現状維持です。

これが良いと思っているのです。

おしまい。