長文だからって読まれる訳ではない

ブログは長文が全てだと思っていましたが、どうやらそうでもないみたい。

サブブログで500文字程度の記事を書いたら、まぁ、記事ではなくて日記とか雑記になる感じですが、「はてなスター」を結構頂けました。

なので、長文がすべてではないと思ったのです。サクッと読めるのが良いみたい。

これは1記事でそうなっているのではなくて、何記事かそうなっています。

もうしばらく実験。

今、幾つかのメディアを運営していますが、全て1000文字未満にしています。

結果は良いです。やっぱり、長文は読まれないかなと。

長文の定義は人によって異なりますが、僕の場合だったら1000文字以上は長文だと思っていて、なので、1000文字未満にしたのです。

あくまで僕の場合ですが、長文記事は読みません。いや、読めません。そのような能力がないからです。

なので、グーグル先生で調べて記事をクリックすると、「こりゃダメだ・・・」となる訳です。長文記事はほんと、苦手だ(笑)。

前は最低でも1500文字と考えていましたが、今はもう書けないですね。

とりあえず、このまま行ってみて、状況が変わったら文字数を増やしていこうと思っています。

ただ、少ない文字数の記事になれていて、まぁ、また1500文字にするとシンドイかなと・・・。

1500文字にするとなると、色んな調べものをする必要がある・・・。

これがとても面倒だ(笑)。

やっぱり、日記や雑記が良いかなと・・・。

おしまい。