努力手当てがあれば、みんな努力するだろうなぁ

かわんです。

その昔、数々の会社で働いてきたのですが、努力しているのにも関わらず給料は一定であるという不満を持っていました。

会社というところは、成果を上げないと給料を上げてもらえない。

あと、成果を上げても会社が給料に対してケチなら給料が上がらない。

それでも、会社で働くのが人気なのは、生活が安定するからです。

悪い言い方をすれば、とりあえず出社しておけば毎月決まった給料が貰えます。

それで生活出来ますよね。安定抜群。

あと、ボーナスもありますしね。

1年ごとに昇給する場合もあって、会社は人気のスポットです。

最近はフリーランスで働く人が現れていてジワジワと人気になりつつありますけどね。

今日は、こんなことを書きたいのではなくて、「努力手当てを上げてみてはどうだろう」というお話です。

結構、真面目に考えています。

ということで行ってみます。前置きが長くなってごめんなさいね(笑)。

みんな努力する。サボる人は激減?

努力手当てが貰えるのであれば、みんな努力しますよね。

とりあえず努力すれば手当てがあるのですから。サボる人は激減すると思います。

「ちょっと一服」というのが減るのではないかと思っています。

ほら、サボっているにも関わらず給料を貰えていると腹が立ちますよね(笑)。

努力手当てがあれば、頑張る感じになるのではないかと思います。

僕だったら頑張るなぁ・・・。ひたすら目の前の業務をこなす感じです。会社のことを考えて努力するみたいなそんな感じです。

会社にとってもプラスになるので、努力手当てはあった方がいいです。

ただ、1年の頑張りを会社は認めて昇給とかあるんでしょうけど、「あんだけ頑張ったのにたったこれだけ?」という事が起きます。

毎月の努力手当てがあれば、「今月はこんだけか。来月はもっと頑張って働こう」という感じで、手当ての増減がその都度確認出来ます。

個人的にはこっちの方が嬉しいなぁ・・・。

総額は変わらないかも知れませんが(笑)。ま、1年待って「こんだけか・・・」という落胆は少ないと思います。

間違った努力する可能性がある

とは言え、闇雲に努力するのはどうかと思いますけどね。

無駄な努力はしてはいけない。どこまでが無駄なのか・・・。やっぱり成果を上げないと努力手当ては難しいかと思います。

成果が上げづらい仕事だとどうなるか。

ま、それは会社が必要としている部署なのだから、何かしら努力しますよね。

努力しなくても良い部署なんてないと思っています。

目の色を変えて努力する

努力手当てが貰えるとなったら、目の色を変えて仕事をするでしょうね。

とにかく努力する。無駄な努力はしないことが重要。

やはり、その部署にいて仕事して、部署とは関係ない仕事をしていたら問答無用で怒られるでしょう。

毎日している仕事を出来るだけ効率的に行い、成果を上げる。これが正しい努力です。

サボる人はいなくなる

完全にサボる人はなくなります。

お金がかかったら、サボらずに努力します。

サボる人を除外出来ます。ま、完璧ではないかと思いますけどね。

努力したらした分だけ手当てが出るのでサボろうとは思わないでしょうね。

サボる人に腹を立てる人も無くなるだろうと思いますし、努力手当ては中々良いかと思います。

努力の判断基準が分からない

とは言え、努力の判断基準が分かりません。誰が努力を判定するのか・・・。

そこはやっぱり部署の一番偉い人になるのかなという事でしょうね。

努力しているアピールする人をどう評価するか・・・。

一番簡単なのは何らかの成果を上げることなんでしょうけど、成果が目に見えない場合はどうするか・・・。

そこは、仕事への取組みになるのかなと思います。

頑張っているか頑張っていないかは仕事ぶりを見れば分かります。

そこが努力の判断基準になるかと思います。

会社の業績が良くなるので素晴らしい?

簡単に言うと、みんなが努力すれば会社の業績は良くなります。

悪くなるようであれば、会社の方針に問題があるのではないかと考えます。

みんなが正しく努力すれば、会社の業績も良くなる。

それを支えるのが努力手当てなんです。

努力手当ては完璧ではありませんが、会社の可能性を高くすることが出来るのではないかと考えます。

さいごに

会社で仕事をしている以上、努力は当たり前です。楽して仕事が出来るなら素晴らしい。

成果さえ出せば何をしてもいいとは思わないですが、努力手当てがあると、いつもの努力にプラスして仕事をするでしょう。

綺麗ごとですが、これが実現出来れば、会社で仕事をするのが楽しくなる?

おしまい。