【総括】初代12.9インチiPad Proを2年間使ってみた感想

f:id:Kawan0116:20190806091244j:plain

かわんです。

12月初旬に12.9インチiPad Proを失った・・・

12.9インチiPad Proは生活に欠かせないガジェットで、すぐさま最新のタイプを買おうと思った。

しかし、最新のモデルは価格がとても高くて買えない。

無印iPadは手頃価格なのだが、それは12.9インチiPad Proより画面サイズが小さいのでやめた。

12.9インチiPad Proの画面サイズで慣れているし、きっと使い勝手が悪くなるだろうって思ったのだ。

そして、12.9インチiPad Proの購入は諦めてパソコンを買ったのである。

あと、12.9インチiPad Proよりノートパソコンの方が若干安いということもあり、12.9インチiPad Proは買わなかった。

本音を言えば、久々にノートパソコンが使いたいとは思っていた。

今、ノートパソコンでこれを書いているが、今日は12.9インチiPad Proを総括したいと思う。

12.9インチiPad Proの結論

結論から言えば、12.9インチiPad Proはおすすめである。

ただし、ブログを書く端末としては最適であるというのが答え。

それ以外の使い道は、後述する動画の編集でも使っていた。

また、数週間ほどWebデザインをしていたこともある。

よって、ブログを書く端末として、また、動画の編集、さらにWebデザインも出来るという形だ。

もちろん、ネットサーフィンや動画鑑賞などスマホで行っていることは大概出来る。

ということは、スマホがあれば、12.9インチiPad Proは無くても困らないという結論であるが、スマホで事足りているなら12.9インチiPad Proは必要ないだろう。

スマホの画面で見にくい場合は12.9インチiPad Proを選んでもいいかもしれない。

その場合は、無理に12.9インチiPad Proにこだわる必要はないのである。

androidタブレットなど、12.9インチiPad Proより遥かに安い価格で販売されているので、よっぽどのことがない限り、12.9インチiPad Proは無くても困らない。

ただし、スペック的にはパソコンに匹敵するものとなっていて、ノートパソコンの代わりに12.9インチiPad Proを買おうと思っている人がいるかも知れない。

実際、僕は12.9インチiPad Proをパソコン代わりに使っていた。

その結果、12.9インチiPad Proで十分だった。

今、パソコンでこの記事を書いているが、12.9インチiPad Proと変わらない使い勝手である。

僕の場合、主にブログを書くことなので、端末が変わってもやることは同じ。

文字が打てればそれでOKなのである。

よって、どうしても12.9インチiPad Proが欲しいなら買えばいいし、欲しくないなら買わない。

パソコン代わりに使う場合、具体的に何をするのか整理しておく必要がある。

その整理したことで、12.9インチiPad Proでいけるなら12.9インチiPad Proを買えばいいし、無理なら12.9インチiPad Proをかうのはやめておこう。

これが結論である。

以下、さらに掘り下げていこう。

12.9インチiPad Proはキーボードとマウスでパソコンチックに使えた

12.9インチiPad Proでキーボードとマウスが使えた。

僕は、わざわざロジクールのマウスを買って使った。かなり便利であった。

キーボードの対応は前からしていたのだけど、マウスが使えるようになったのは2か月ほど前(執筆時点)。

その結果、12.9インチiPad Proは性能の良い端末となって生まれ変わる。

キーボードを使っている時、画面タッチが面倒な場面が多かったが、マウスが使えるようになって画面タッチが劇的に減った。

別の見方をすると、マウスも画面タッチも出来るので、動作の範囲が広くなったという形である。

この点は非常に便利であった。シーンに応じてマウスを使ったり画面タッチをしたり。

僕の場合、出来るだけマウスを使っていた。

画面タッチすると画面が指紋でベトベトになるので、マウスを使っていたのだ。

12.9インチiPad Proはブログの執筆で活躍

12.9インチiPad Proの使い方は、ほとんどブログの執筆である。

かなり快適であった。

2画面表示が出来るので調べものをしながらブログを書くことが出来るのである。

ただし、2画面表示すると、若干、画面が窮屈となっていた。

でも、2画面表示が出来ないよりは出来た方がいいだろう・・・。

2画面の表示の仕方も変えることが出来る。ただし、自分の好きなようには出来ない。

その点は注意するべき点である。

12.9インチiPad Proでノマドでブログを書いたことがある

12.9インチiPad Proを外に持って行って、ノマドでブログを書いたことがある。

場所は、とあるファーストフード店である。

コーヒーだけ頼んで、サクッと12.9インチiPad Proでブログを書いていた。

店内は誰も12.9インチiPad Proを使っていない。

パソコンも使っている人もいない。

そんな中、12.9インチiPad Proを取り出すことは出来なかった。

数分だけ12.9インチiPad Proを取り出して使ってみたけど、人の目が気になって、直ぐに使うのはやめた。

あと、図書館でもノマドでブログを書いてみた。

その時は、後述するソフトウェアキーボードを使っていた。

図書館は静かなので、キーボードの打鍵音が気になるからだ。

ソフトウェアキーボードの場合、打鍵音がしないし、タブレットをいじっているようにしか見えないので、人の目を気にする必要はなかった。

でも、ノマドでブログを書いたのは数回。

ほとんど家でブログを書いていたのである。

12.9インチiPad ProでYouTubeに上げる動画の編集が出来た

実は、細々とYouTubeに動画を上げている。

僕の場合、特別な機材を持っていない。

よって、動画を撮ったあとは、iMovieで編集して動画を上げていた。

編集中は「ちょっと動きが遅いかなぁ」って思ったこともあったけれど、概ね良好であった。

個人的に、ちょっとした動画編集であれば、12.9インチiPad Proで良いのではないかと思っている。

12.9インチiPad Proは画面が大きいので動画鑑賞でも便利良く使えた

12.9インチiPad Proの画面はとてもデカイので、迫力ある動画を観ることが出来ていた。

僕の場合、Amazonプライムビデオを使っていたのだが、プライム会員なので、動画が見放題。

スピーカーが複数あるので、迫力ある音を楽しめる。

もちろん、YouTubeで動画を見ていたこともあった。

12.9インチiPad Proの画面サイズであれば大満足だ。

我が家にはテレビが無いので、12.9インチiPad Proをテレビ替わりとしても使っていたのである。

12.9インチiPad Proはバッテリー持ちが良かった

12.9インチiPad Proのバッテリー持ちはかなりいい。

1日10時間ほど使っていたが、充電回数は1日に1回程度である。

驚異のバッテリー持ち。ただし、満充電に時間がかかる。

記憶があやふやだが、確か4時間ほどかかっていたかと思う。

なお、作業しながら充電していたので、余計に時間がかかっていたのかも知れない。

この辺りは不透明である。

どちらにせよ、12.9インチiPad Proのバッテリー持ちはかなり良い。

モバイルバッテリーで充電したこともない。

12.9インチiPad Proは強制再起動など発生せずサクサクと動いた

12.9インチiPad Proを長時間使っていても、強制再起動などの不具合はなかった。

驚異の安定性である。

安心して使えた。先ほど書いたように、1日10時間使いまくっても影響なし。

下手すると、朝から寝る直前まで使っていたこともあったので、順調に動いていたのはビックリである。

ただ、このような使い方をすると劣化が早まるかも知れないとは思っていた。

1番心配していたのはバッテリーの劣化。

それは的中してはなかったが、よく心配したものだ。

なお、バッテリーの劣化を防ぐには80%程度で充電を終えて、残り20%になったら充電するのが良いらしい。

ネットの情報ではそうなっているが、中には全く違う見解もある。

個人的には、先ほど書いた通りにしていた。

それが正解かどうかは12.9インチiPad Proに質問する必要がある。

12.9インチiPad Proは大きくて重いので持ち運びは厳しかった

先ほど書いたように、ノマドで数回持ち出したが、大きくて重いので持ち運びは厳しかった。

僕の場合、定期的に病院に行っていて、待ち時間を利用して12.9インチiPad Proでブログを書こうとしていた。

しかし、いざ当日となると「重いしやめとこ」と思ったのである。

僕の場合、ケース一体型のキーボードを使っていて、12.9インチiPad Proと合わせると約1.5㎏となっていた。

よって、「持ち運びするのはやめておこう」と思ったのである。

持ち運びを考えるなら、12.9インチiPad Proはやめておいた方がいいかもしれない。

ただ、中には問題なく持ち運びをしている方がいるので、最後は気合いかなとは思う。

僕は、その気合いが足りなかった。

12.9インチiPad ProはiPhoneとの相性が良い

12.9インチiPad ProとiPhoneの相性はいい。1番いいのは写真の転送である。

iPhoneで写真を撮ると、自動で12.9インチiPad Proに転送される為、かなり便利である。

また、12.9インチiPad Proにもカメラが搭載されているので、ブログで使う写真をサクッと撮ることが出来るのである。

画質的にも問題なし。

もちろん、画質にこだわるならデジカメを使うべきだろうが・・・。

僕はこだわりがないので、iPhoneやiPadで撮る写真に満足していた。

12.9インチiPad Proでソフトウェアキーボードを使ったことがあったが中々良かった

12.9インチiPad Proにはソフトウェアキーボードが搭載されている。これは12.9インチiPad Pro限定の機能ではない。

何か文字打ちする際、画面にキーボードが表示されるだろう・・・。それがソフトウェアキーボードである。

12.9インチiPad Proのソフトウェアキーボードはキーピッチが広くてかなり打ちやすい。

数週間ほどソフトウェアキーボードを使っていたが、かなり良かった。

ソフトウェアキーボードを使う場合、キーボードが必要ないので、持ち運びは12.9インチiPad Proだけでいい。

これがかなり便利なのである。

ただ、ソフトウェアキーボードは慣れが必要。

僕の場合、3週間ほどかかった。

手先の器用な人なら直ぐに慣れるかと思うのだが、僕は不器用なので無理であった。

参考になるかどうか分からないけど、以下、リンクを貼っておく。

12.9インチiPad Proのスピーカーの音質は悪くなかった

12.9インチiPad Proには複数のスピーカーが搭載されている。音質は悪くない。動画を観る際、迫力ある音を楽しめた。

歌を聞いたりもしたが、Bluetoothスピーカーなど、外付けスピーカーは必要ないという結論である。

低価格なBluetoothスピーカーより、12.9インチiPad Proのスピーカーの方がいい。

これは、僕個人の感想だけどね。

全体的にフラットでくせのない音質。音質にこだわるなら、他のスピーカーを使えばいいだろう。

僕は、そこそこ音質にこだわる派であるが、12.9インチiPad Proのスピーカーで満足していた。

さいごに

12.9インチiPad Proはとてもいい端末だ。低価格帯のパソコンより性能はいいだろう。

その代わり、価格が高い。へたすると、低価格帯パソコンが複数台買えるという形だ。

最新の12.9インチiPad Proなんかは、かなり魅力的な端末である。

僕的に欲しい端末だったが、とうとう買えなかった。

今後、12.9インチiPad Proを使うことはないだろうが、12.9インチiPad Proはとてもいい端末。

12.9インチiPad Proはパソコン代わりとして完全に置き換わるモノではないが、パソコンを持っているなら考えてみてもいいだろう。

ただし、12.9インチiPad Proでしたいことを整理しておいて、パソコンでそれが可能かどうか見極めること。

あるいは、パソコンだけで完結するなら12.9インチiPad Proは買わないこと。

冒頭で書いたが、ブログの執筆メインであれば12.9インチiPad Proはおすすめである。

しかし、わざわざブログの執筆の為に12.9インチiPad Proを買うのはどうかと思う。

最後は自分と財布に相談である。

おしまい。