【レビュー】ロジクール K380をiPhoneで使ってみた感想

かわんです。

病院帰りにヤマダ電機でロジクール K380を買いました。価格は4000円ほど。

まぁ、Amazonの方が遥かに安いのですが、何かあった時に、Amazonだと色々と厄介だと思ったのです。

それではロジクール K380のレビューをしていきます。

キーは丸い

キーは丸いです。打ちにくくはないですが、違和感があります。慣れるまで時間がかかりそう・・・。

3つの端末を登録できる

黄色いボタンで3つの端末を登録出来ます。ボタンを押すだけで接続する端末を切り替え出来ます。

ちなみに、ボタンを長押しするとペアリングモードになります。

音量調整などが出来るボタンがある

あまり使わないですが、無いよりはあった方が便利です。

スペースキーは小さい

スペースキーは小さいです。その代わり言語切り替えが簡単な「英数」と「かな」キーがあります。US配列のキーボードにはないボタンですかね、多分・・・。

矢印キーは小さい

意外に使うのが矢印キーです。割と小さいですね。まぁ、許せますけどね。

キーピッチは割と狭い

キーピッチは割と狭いです。まぁ、許せるレベルです。

打鍵感は割と良い

打鍵感は割といいです。キーの押し込みは浅いです。

チャタリングや遅延は?

チャタリングが1回だけ発生しました。デリートキーを押すと、暴走して1列丸ごと消えました(笑)。今は全く問題ないです。

さいごに

ということで、色々と書いてみました。

まぁ、特にオススメするものではないですが、まぁ、普通に使えます。

何か1台用意したいなら、ロジクール K380は良いかもです。

実は、過去に1度使ったことがあります。でも、気に入らなくなったので捨てました(笑)。

しかし、再び使いたくなって購入したのです。今度こそ愛用していくぞって感じです。

おしまい。