人生に希望や失望は必要か。希望があると人生は素晴らしいものとなるのか?

スポンサーリンク

かわんです。

人は誰でも希望を持ちますよね。僕だって希望はあります。失望することもあるけれど・・・。

まぁ、失望から立ち直るのは、物凄く早かったりするんですけどね。

夜寝たら朝には立ち直っているのですけどね。立ち直りが早過ぎるって感じですが・・・。

ということで、本編に行ってみます。

希望は必要か?

今回は希望と失望について書きます。まずは希望から行きますね。

未来に希望なんて持たない

未来に希望を持っていたことがありますが、今は持っていません。僕は未来よりも今日に希望を持ちます。

未来のことなんて誰にも分からないし、未来に希望を持っても無駄だと思っています。

まぁ、具体的に未来というのは「いつのこと?」というお話になりますが、ここでは1年後にします。

未来のことよりも、先ほど書いたように今日に希望を持ちます。

未来の希望というのは、毎日の希望の積み重ねだと思っているのです。

1年後の未来の為に、毎日、希望を持って活動していけば良いのです。

かと言って、1年後の希望になる確率は100%ではないですけどね(笑)。

でも、活動していくことによって、少しは希望通りになる確率は高くなると思います。

希望があると夢が叶う?

夢の為に希望を持って活動していく・・・。これは素晴らしいことです。

ただ、正しく活動していかないと、夢が叶うことはありません。稀に叶うことがあるかもですが・・・。

どういう希望があるのか明確にして、正しく行動する必要があるのです。

便利な世の中なので、Googleで検索したらヒントを沢山得ることが出来ます。その中で、役に立ちそうなモノを参考にすれば良いのです。

希望を持てば素晴らしい?

これは人それぞれです。希望に追い詰められてしんどいなら、希望は持たない方が良いです。

そうでないから、希望を持つのはありです。別に希望がなくても生きていけます。

僕は、先ほど書いたように希望を持っていますけどね。

希望は毎日持って生きていくという感じです。

希望を持つ為に行動は必要か

希望を持つ為に行動は必要です。希望に対してどう行動する必要があるのか考える必要があります。

こちらに関しても、Googleで検索すれば、どう行動するか見えてきます。

僕は行動していますよ。具体的にはブログの執筆ですけどね。

ブログを1日でも長く執筆出来る希望を持って行動しています。

1年後もブログの執筆が出来る希望を持っています。

失望は必要か?

次に失望について書きます。希望があれば失望もあるという感じです。

失望から立ち直る方法は?

失望の大きさや内容によりますよね。僕は、毎日希望を持つが失望もしています(笑)。

具体的には、ブログのアクセス数が思ったよりも増えないことです。これに失望(笑)。

最近、Googleのコアアルゴリズムアップデートがあって、アクセス数が激減しました(笑)。

これに失望したのです。僕としては、ブログのアクセス数を増やそうと思っていて、逆風が吹きました。

しかし、明日も希望を持って迎えるぞって思っています。

僕の場合、失望を引きずりません。寝て起きたら、また希望を持って活動していく感じです。

よって、失望は出来るだけ引きずらないで、また希望をもって行動していけば良いです。

もちろん、反省するべき点はきっちり行う必要はありますけどね。

誰だって失望の1つや2つしたことがあるだろう

極端な話、失望したくないなら希望なんて持つべきでないですね(笑)。

希望を叶えられなくて、それで苦しいなら、希望なんていらない(笑)。

希望がなくたって、ご飯を食べれるなら生きていけます。

まぁ、希望があった方が、人は輝きますが、希望に押し潰れそうになるくらいなら希望なんて持たない方が良いです。

希望が負担になるなら、希望なんて持たない方がマシだと思います。

さいごに

人生に希望や失望は必要でしょうか・・・。

希望が叶うと嬉しいし、失望すると悲しい・・・。フラットな人生よりも楽しそう・・・。

まぁ、失望は辛いですけどね(笑)。立ち直れない場合もありますし。

失望が怖いなら、希望は持たない方が良いです。失望覚悟で希望を持つのも良いでしょう。

僕は、毎日、希望を持って失望するような形です。

これが結構楽しい(笑)。

おしまい。