僕がブログを書く時間が1記事4時間もかかる理由

スポンサーリンク

かわんです。

僕って、1記事書くのに4時間ほどかかります(笑)。ちょっと時間かかりすぎ?

前は、1記事1時間とかで書いていたのですけどね。今は無理なんですね。

今日はこの辺りのお話をしますので、気になる方はチェックして下さいね!

ブログの書き方

僕のブログの書き方は以下のようになります。全部で5行程です。

1.電子メモ帳に思いついたことを書く

最近、購入した電子メモ帳。かなり愛用しております。衝動買いでしたが、買って良かった・・・。

この電子メモ帳にサクサクと頭で浮かんだことを書いていきます。単語でもいいし、文章でもいいし。

その中で、書けそうなモノを選びます。

2.キーワードを決める

書けそうなモノを見つけたら、キーワードを選定します。キーワードはサクッと決めて記事のタイトルや小見出しに自然な感じで入れます。

3.マインドマップを作る

具体的に何を書きたいのか考えて、マインドマップを作ります。マインドマップは紙とペンがあれば作れます。

なお、マインドマップを作るのに2時間ほどかかります。ブログを書く上でマインドマップは外せないので仕方なしという感じになります。

4.ブログを書く

マインドマップを見ながらブログを書きます。ブログを書くのも2時間ほどかかります。

タッチタイピングが出来ますが、スピードを高めたいなと思っております。

音声入力を使う方法がありますが、相性が悪いので使っていません。

なお、誤字脱字のチェックもします。僕の場合だったら3回確認します。それでミスがあっても仕方なしという感じです。

5.ブログを公開する

ブログの管理画面にアクセスして書いたものをコピペして、カテゴリなんかも指定して公開という形になります。

なぜ、4時間もかかるのか

マインドマップをちゃんと作らないとブログを書く時にシンドイと思うからです。

思い付いたことから書くと文章や文脈がおかしくなると思っているからです。

前は、マインドマップなしでブログを書いていたのですけどね。マインドマップに慣れてしまったので、今後もマインドマップを使います。

ただ、ブログに4時間もかかるってシンドイというイメージがありますね。

僕の場合だったら、ぶっ続けはシンドイので、ポモドーロテクニックを使っています。

ポモドーロテクニックは25分作業したら5分休むの繰り返し。これで4時間集中力が持続します。

ちなみに、休憩中はツイッターを見ています。本当は、ブログを書いている端末から離れる方がいいような気がしますけどね。

1日に2記事しか書けない

専業ブロガーなので、記事を書いてナンボの世界で働いています。作業時間は8時間ほどですけどね。

ちょうど2記事という感じになります。3記事めのマインドマップを作ることはありますけどね。

理想は3記事という感じで思っています。まぁ、ノルマは一切ないんですけどね(笑)。

なお、以前は1日に5記事ほど書いていました。更新が目的になっていて、内容の薄い記事になっていました。

それならば、記事数を減らして質の良い記事を書こうと方針転換。

どこまでが内容の薄い記事になるのか分かりませんが、個人的に今は内容が薄いとは思っていないです。

ブログの時間を短縮したい場合

マインドマップを作らず、いきなりブログを書くことです。ただ、先ほど書いたように、文章がおかしい感じになる恐れがあるので、小見出しのをドンドン作っていって、その小見出しに沿った文章を書けば良いのかな・・・。

まぁ、ブログを書く上でマインドマップが無いのはありえないので、それはしないですけどね。

長時間、ブログを書くのは苦にならない

ブログを書くのが好きなので苦にはなりません。楽しいですし。1日があっという間に過ぎていく・・・。充実した日々を過ごしています。

先ほど書いたポモドーロテクニックで集中力を持続させることが出来るので良い感じかなと思っています。

ポモドーロテクニックは素晴らしい・・・。

さいごに

という事で、色々と書いてみました。

簡単に言うと、ネタ出しに2時間、ブログを書くのに2時間という感じです。

ネタ出しはキツイ場合があります。そもそもネタを見つける必要がありますし。それが決まれば話は早いという感じですかねぇ・・・。

おしまい。