自分の道は自分で決める。周りの指図なんて気にしない。

スポンサーリンク

かわんです。

僕自身、自分の道を歩んでいる。ゴールは見えている。あとはそこに向かって歩くだけ。軽やかに歩いている。

自分の道って何だか重い足を一歩前に進めるような感じと思うのは僕だけか?

そんなことはないって思っているけどね。今日はこの辺りのお話をするので、気になる方はチェックするべし!

早速行ってみよう!

自分の道とは?

そもそも、自分の道とは何なの?って話だけど、僕的にはこんな感じで思っているよ。

1.未来への道。成し遂げたいことがある道でもある

まず、何年後の未来を見ているのか。そして、成し遂げたいのかというお話になる。

僕的にはこんな感じかな。人生の岐路って感じでもあるね。

  • 入学
  • 進学
  • 就職
  • 転職
  • 起業
  • 結婚

まだあるかもだけど、僕的にはこんな感じ。全て未来の出来事だ。これは何年後の未来なのか。まぁ、入学と進学は割りかし決まっている未来だけどね。

就職や転職、起業というのは人によって未来が変わってくる。

要するに、明確にゴールを決めること。すると、それまでの道筋が見えてくる。

例えば、

  1. ブログを始めたい(ゴール)
  2. パソコンを手に入れて文字打ちが出来るようになる
  3. ブログサービスを使う
  4. ブログを書く
  5. 公開する

以降は4と5を繰り返す。これでゴールに到達だ。ゴールにたどり着くにはどうしたら良いか考えて行動する。

2.毎日決まった道

毎日決まった道であれば、割りかし平凡な道。毎日歩くので、特に何も思わないだろう。こんな感じになるね。

  1. 朝起きて
  2. 朝ごはん食べて
  3. 仕事に行って
  4. 昼休みして
  5. 仕事から帰ってきて
  6. 夜ご飯食べて
  7. お風呂入って
  8. 寝る

という感じ。平凡な道なので刺激がなくて飽きるかもだけど、これも立派な自分の道なんだ。

あなたの人生だから納得のいくような道で生きればいい

自分の道なんでね。納得いくような道に進めばいい。

ただ、時には妥協も必要だろう。

妥協するかどうかは自分が決めること。自分の道に進むには、実は妥協が必要だったのかも知れないんだ。

どうしても譲れない部分があると思う。それは、しっかりと尊重した方がいいね。

また、場合によっては諦めが必要かもね。どうしても自分の道で行けないようになったら仕方がないのである。

あと、他人の意見もちゃんと聞かないとダメ。参考にするべきところは参考にするべきである。

ただ、他人の意見が否定的だった場合どうするか。これは考える必要がある。

僕って、他人の意見に流されやすくてね。否定的な意見があると直ぐに、そっちに流されている。

今は、違うけどね。何を言われようと自分の道は自分で決めるという風にしている。

自分を守る最強の鎧はハート

自分の決めた道なのだから、同行者はいないので孤独だ。

まぁ、グループで進むなら、孤独ではないけどね。しかし、各々行動するし、自分の与えられた道を進むしかない。

そんな中、自分を守る最強の鎧はハートなのだ。

あなたは1人で冒険しているのだ。少し心細い気はするが、自分で決めた道。何が何でも進むしかない。

しかし、イケイケで前を進んでもいいけど、時には振り返って反省すべき点があれば、キッチリと活かして前へ進むべきだ。

家族がいれば自分の道へ進めないかも知れない

個人的な考えとしてね。家族を守る立場なら自分の道に進むのは難しいと思うんだ。

結構、否定的なことも言われるしね。まぁ、その意見をどう消化するかは読者さまによるのだけどね。

個人の考えだけで自分の道に進むのは困難。家族を守る為に我慢する必要があるだろうねぇ〜。

強い意志があれば、そうではない場合もあるけど。僕なら自分の道には進まないなぁ・・・。家族を守る必要があるので・・・。

それで失敗したんだけどね(笑)。今は、自分の道は自分で決めて過ごしているよ。

さいごに

自分の道を自分で決めるのは、中々難しい。そもそも、自分の道ってなに?なんて場合もあるだろう。

自分の道を自分で決めたい方は、まずはゴールを明確にする必要があるかと。

すると、先ほど書いたように道筋が見えてくるので。ゴールは結構重要だよ。

達成可能なゴールを設定するべきである。ゴールが遠ければ遠いほど道筋が複雑になってくるしね。

まぁ、それでも構わない場合は、自分の道は自分で決めればいいだろう。

おしまい。