あなたの夢はなんですか?夢がないことは悪いことなの?

かわんです。

生きていれば1度や2度「あなたの夢はなんですか?」と聞かれるだろう。

僕は子供の時に何度か「あなたの夢はなんですか?」って聞かれた。

今日は、夢について書いてみたいと思う。気になる方はチェックするべし!

早速行ってみよう!

将来の夢はなんですか?

先ほど書いたように、1度は聞かれるだろう。

子どもの時は純粋に「プロ野球選手になりたい」とか「プロサッカー選手」になりたいなど、実際は難しいのに元気良く答えることが出来ただろう。

ちなみに、僕はプロ野球選手になるのが夢だった。まぁ、それは叶わなかったが・・・。

1.叶えたいことをメモ帳に書く

今、夢があるなら、叶えたいことをメモ帳に書いてみる。

そして、それが出来るか考えて、出来そうなら取り組むというのが良いだろう。

まずは小さなことで良いので取り組むべきである。

2.夢を持つって難しい

そもそも夢を持つって難しい。心の奥底から叶えたい夢を見つける必要がある。

相当なパワーが必要だ。ボケっとゲームをしている方が楽(笑)。まぁ、ゲームが夢なら思う存分すれば良いけどね。

ゲームはストレス解消になるし暇つぶしにもなるから良いよね。

3.夢は1つでなくて良い

夢ってどれか1つに絞り込むような感じがするが、夢は何個もあっても良いと思っている。

夢の数だけ実行するんだ。実行しないと見えないモノがあるからね。

頭で考えて終わりはやめておこう。

4.夢に大きいも小さいもない

読者さまの夢を誰かと比べる必要はないんだ。夢があるだけで素晴らしい。

まぁ、極論を言えば生きているだけで素晴らしいのだ。「生きる」を夢にすれば良いんだ。

興味のあることをしてみる

先ほど書いたように、夢の数だけ行動する。その中から特に興味のあることに関して夢を持つんだ。

これで、だいたい絞り込むことが出来るだろう。それが出来れば夢を見つけたという感じである。

最終的に1つに絞り込むことが出来るかも知れない。1つにこだわる必要はないけどね。

まぁ、手広くやるよりは絞り込む方がパワーを集中出来るので、1つが理想かなと個人的には思う。

夢があると羨ましい?

夢がない人からすれば、夢がある人を見ると羨ましいと思うだろうね。

あと、何か夢を持ちたいと思っている人が見ても羨ましいと思うだろうね。

よって、夢があると羨ましがるだろうね。まぁ、これが良いのかどうかは別になるけどね(笑)。

夢を叶える為に努力は必要か?

はっきり言って、夢を叶える為に努力は必要だ。

ただ、楽しい努力となるだろう。

少々のことがあっても挫けることは無さそうだ。ただ、夢が負担になったらシンドイ努力になるかもね。

そうなったら、夢をどうするか考える必要がある。後悔するならもう少し頑張っても良いかもね。

夢がないことは悪いことではない

夢がないとことは悪いことではないと思う。夢に縛られることなく生きていけるからだ。

夢に向かって頑張る必要はないし、夢は寝てみるだけというお話になる。

現状に満足しているなら、あえて夢を見つける必要はないかと思う。

多分、そのうち夢があるようになるかもだしね。夢ありきで生きるのはやめた方が良いね。

夢を叶える為に努力は必要か?

叶えたい夢なら努力している感覚でなくて楽しめるだろう。楽しい努力が出来るという感じだ。

ただ、途中で歯を食いしばる必要があるかもしれない。それでも苦痛になることなく夢を叶える為に努力するだろう。

1つだけ言いたいのは、楽しい努力でも無理をしないこと。そうしないと、夢を叶える努力をしなくなるかも知れない。

バランスを取ることが重要だ。

不満が出たら夢を見る感じになる

夢って不満から出てくるモノだと思っているんだ。不満を解消したいので夢を持つなんてことがあるだろう。

例えば、会社に不満を持っていて、転職や起業の夢を持つこと。

夢って現実を変えたいから夢が出てくると思っている。

夢がない人はつまらないのか?

夢がない人はつまらないのか?僕的にはそんなことはないと思っているけどね。

まぁ、夢を持っている人はキラキラ輝いているけどね。夢を見ている本人も「キラキラ輝いてるぜ(キリッ」ってなるかと思うけどね。

まぁ、夢なんてなくても人は生きていけるからね。みんな、夢を持っている訳ではないしね。

よって、夢がない人はつまらないとかというお話ではないと思う。

夢は捨てるべきなのか?

叶わない夢は捨てるべきだとは思うけどね。いつまで固執しても意味がないしね。

叶わない夢を捨てたら、新しい夢を見つければ良いのだ。とても簡単である。

なるべく達成可能な夢を持つんだ。いきなり大きなゴールを目指さず、小さなゴールをいくつも作るんだ。

小さなゴールを積み重ねていけば、いつかは大きなゴールに結び付くという感じだ。

夢を捨てたら、また新しい夢が見つかるだろうという感じだ。

夢がないって自由だ

夢に縛られず自由に生きていける。また、夢に向かって頑張る必要がない。

夢は寝て見るだけにして、現実に満足していたら夢は必要ないだろう。

時には、夢に縛られて身動きが取れない場合があるからね。それはマイナスなので、あえて夢を持たないのもOKと思うだろうね。

人は、夢がなくても生きていけると思っている。

僕は現実主義者

僕の場合、夢を目標と捉えている。夢って壮大な感じがして、あえて「夢」という言葉は使わない。

「夢を持つ」って何だが大げさに聞こえるんだ。「夢」と言うと自分にプレッシャーがかかる。それだけは避けたいところ。

達成可能な目標を持ち、日々努力している。ただ、努力してもしなくても結果が全て。

あえて、「僕、頑張ってるよ!」というアピールはしない(笑)。まぁ、アピールする相手もいないしね(笑)。

僕は現実主義者なので、「夢」という言葉は使わない。あくまで「目標」にするんだ。

まぁ、簡単に言えば夢→目標に変えるだけ。

さいごに

もちろん、夢があるって素晴らしいと思う。ただ、夢に溺れてしまってはダメ。現実を生きていく必要がある。

あと、生きていく上で、必ずしも夢が必要であるという事はないと思う。

今を精一杯生きるのが素晴らしいと思う。夢を持っていようがいまいが、生きてるだけで素晴らしいのだ。