久々にポモドーロテクニックを使ったら、ポモドーロテクニックの効果にビックリしている話

かわんです。

3日前くらいからポモドーロテクニックを使ってブログの執筆をしている。

なんかね、マンネリ化してたんだ。ブログの執筆環境を変えてやろうってなってポモドーロテクニックを久々に使ってみた。

今日は、この辺りのお話をするので、興味のある方はチェックするべし!

早速行ってみよう!

ポモドーロテクニックとは?

ポモドーロテクニックは単純。単に25分作業したら5分休むの繰り返し。何回かこなしたら15分休む。

そのあと、また25分作業したら5分休むの繰り返し。

僕の場合、25分作業したら5分休むのセットを3回繰り返す度に15分休憩するかな。

ポモドーロテクニックって、作業と休憩をキッチリと分ける。

ポモドーロテクニックの効果は色々と言われているけど、個人的には作業効率が上がると思っている。

25分の作業中はとにかく集中。個人的な感覚であれば、超集中出来ているようになっている。目の前の作業に没頭する感じだ。

休憩中はツイッターやネットサーフィンをするかな。単にコーヒーを飲んでボケっとすることもあるけどね。

まぁ、休憩中は作業しなければいい。リラックス出来る方法を見つけておけばいいね。

ポモドーロテクニックに必要なもの

ポモドーロテクニックで必要なものは時計だけ。壁掛け時計や置き時計でいい。

特別に用意するものはないし、直ぐにでもポモドーロテクニックを使うことが出来る。

とは言えポモドーロテクニックが使えない場合あり

ポモドーロテクニックが使えない場合がある。

「ポモドーロテクニック使ってもいいよ」という会社があれば、思う存分にポモドーロテクニックを使えばいいけどね。

日本企業でポモドーロテクニックが使えるところはあるのだろうか・・・。よく分からないが・・・。

ブログの執筆に最適か?

僕はブログの執筆でポモドーロテクニックを使っている。ブログの執筆でポモドーロテクニックの効果があるのか・・・。

それは人によると思う。執筆の波に乗っている時に休憩時間がやってきたら「ウザ!」ってなるだろう。

僕の場合、25分が来たら強制的に休憩に入る。ズルズル行ったらポモドーロテクニックの意味がないので。

休憩が終わったら、書いたモノを見直して追記したり削除したりするかな。

あと、書きたかったことが見つかる場合もあるしね。休憩は悪くないという感じである。

まぁ、休憩時間をすっ飛ばしてブログの執筆をしたい時があるけどね(笑)。

なお、25分でブログを書き終える必要はないと思っている。まぁ、25分でブログが書けたらベストだとは思うが・・・。

まぁ、100文字程度なら直ぐに書けると思うけど、100文字であればブログにこだわる必要ないしね。

僕の場合、最低でも1500文字を書く。タッチタイピングが出来るけど、ミス打ちが多くてイライラ(笑)。

あと、頭の中で思っていることを文章化するのに時間がかかる。

よって、僕は1記事1.5時間ほどかかる。まぁ、リサーチやマインドマップの作成の時間も入っているけどね。

今のところはポモドーロテクニックがお気に入り

ポモドーロテクニック歴はトータルで1ヶ月くらい。ポモドーロテクニックを使ったり使わなかったり。

マンネリ化した時、ポモドーロテクニックを使いたくなるのよね。

ポモドーロテクニックは、やはり集中出来るような感じだ。

ポモドーロテクニックには一定の効果があるし、今後もポモドーロテクニックを使っていきたいと思っている。

さいごに

ポモドーロテクニックの効果を感じるのは人それぞれだと思う。

特にポモドーロテクニックをオススメすることはしないけど、集中力が散漫でどうにかしたい場合は、ポモドーロテクニックを使うといいかもね。

「25分作業したら5分休めるんだ」と思えば少しは集中力が増すかもね。

人間の集中力ってあまり長く続かないので、適度に休憩を入れた方が作業効率が良くなると思われる。

ポモドーロテクニックの効果を試してみたいという方は、時計を用意してポモドーロテクニックをしてみよう。

改めて僕はポモドーロテクニックの効果にビックリしているので、しばらくの間はポモドーロテクニックを使うつもりでいる。

おしまい。