夢物語はいいけど現実的に考えた方がいい?夢物語と現実的を考えたみた

スポンサーリンク

かわんです。

今回は、夢物語と現実的について書いてみたので、興味のある方はチェックするべし!

早速行ってみよう!

夢物語とは?

夢物語は、様々な意見があるが、僕的にはこんな感じだと思う。

1.現実的でない話

目をキラキラと輝かせて未来を語るのは楽しい。

しかし、それがあまりに現実的でない場合、残念ながら夢物語となる。

2.実現しそうにないこと

上とちょっとカブッているが、実現しそうにないことを言っているのが夢物語である。

僕は夢物語を語っていた

僕自身、昔は夢物語を語っていた。

友達と起業しようというお話になってね。

今思うと夢物語なんだけど、あの時は目をキラキラ輝かせていて友達と語ってたかなぁ(笑)。

週1で会議とかしてたし。

起業の内容は、ある製品を作って販売しようとして、町工場の社長さんと会議したなぁ・・・。

それが実現していれば、どうなっていたんだろう。

目標と夢物語は隣り合わせ

簡単に言えば、目標を諦めたなら夢物語で、諦めなければ目標のままという風に思っている。

先ほど書いたように、起業を諦めなければ目標で、結局実現しなかったので夢物語となった。

まぁ、再始動してもいいけど、友達は家庭持ちで生活を守っていかないとダメだし、声はかけづらいわな(笑)。

僕1人で再始動しても良いけど、製品を作るにあたり、どうしても友達のスキルが必要なので、1人ではダメだという結論である。

それに、僕自身、他の道を進んでいるので、再始動はほぼゼロって感じになっている。

よって、目標を成し遂げなかったので夢物語となった。

現実的に生きる

最近のテーマ。

僕の場合、どうも過去に縛られ未来に不安になっている。

過去は変えられないし、未来はどうなるか分からねー。

なので、現実だけ見て生きていこうと思っているのだ。

具体的には以下のような感じ。

1.夢は寝て見るだけ

夢は寝て見るだけにしている。最近、あまり夢を見ないな(笑)。

まぁ、どうでもいいかw

2.ちょっとした期待は持たない

ちょっとした期待は持たないようにしている。

ありのままを受け止める感じだ。

現実的に考えた時、ちょっとした事でさえも、期待しない(笑)。

冷めた目で現実を見てる。

3.お金は必要

夢物語を見る時もそうだけど、お金って絶対に必要。

夢物語だけでは生きていけないしね。

まぁ、多少、お金に困っても構わないと思う場面はあるかもだが・・・。

要するに、夢物語であろうと現実的であろうとお金は必要なんだ。

4.未来を想像しない

あくまで、僕の場合はだけどね。

未来を想像すると不安しかないので、現実的に生きる。

目の前のことだけ集中する。

未来なんて誰にも分からないし、現実的に生きていくと、「それ相応の未来がやってくるっしょ」って思っている。

夢物語の1つくらい持ったっていいじゃないか?!

夢物語に関して、やや否定的だが、いや、否定はしてないで。

先ほど書いたように、夢物語を持つと目がキラキラと輝いて生活が楽しくなるしね。

夢物語で終わっていいかは、読者さまが判断するうこと。

どっちがいいとかない

夢物語と現実的、どちらがいいかは読者さまが判断すること。

夢物語を現実化したいのであれば頑張ればいいしね。

現実的路線で行くなら、目の前のことに集中って感じである。

さいごに

夢物語を実現する為に、現実的になって動くといいかもね。

そうすると、夢物語で終わりでなくなるかも知れない。

夢物語を実現させるかどうかは、読者さまにかかっている。

おしまい。