誰でも人生のスタートラインに立つ。逃れることは出来ない

スポンサーリンク

かわんです。

今回は、多数のサイトさまで取り上げておられる内容である。

早速行ってみよう!

可能性は無限大

子供の時は、可能性は無限大だと言われているが、大人だって可能性は無限大。

その可能性を制限しているのは自分だ。

色んなしがらみがあって、可能性を制限しがち。

今の状態に満足しているなら良し。

そのまま突っ走れ!

そうでない場合は、道具を使って可能性に挑戦だ。

例えばこんな感じになるのかな。

  • お金
  • パソコン
  • スマホ
  • タブレット
  • スーツ
  • 名刺
  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 資格
  • スキル

とりあえずこんだけあれば。

自分の可能性に挑戦したい時、上で書いたモノの中からチョイスするべし。

僕だったら、パソコンになるのかな。

今、パソコンを持ってなくて・・・。

この記事はiPadで書いてる。

全く問題ないのだが、ライティング案件のオファーが週に3回ほどあって、パソコンが必須なんだ。

パソコンがないので、オファーを受けることが出来ないんだ。

ただし、スキルチェックがあるので、それをパスしないといけない。

パソコンを買ってみたものの、スキルチェックに落ちたらシャレにならん(笑)。

なので、パソコンの購入をためらっている。

色んな道があるのでどこに進むか考える

スタートラインに立ったら、どのルートに行くか迷うだろう。

ゴールはどこなのか。

そこを明確にする必要がある。

ゴールを決めたらルートの設定。

1番いいのは直線!

最短ルート(笑)。

多分、大概の人は回り道するかと思うね。

そこで得た知識がゴールを迎えた時に役に立つかも分からないしね。

ただ、ゴールを迎えた途端、再びスタートラインに立つのだよ。

例えば、好きな人が出来て告白したらOKをもらう。

そこで終わりではなくて、今度は結婚に向けて再びスタートラインに立つ必要があるんだ。

こんな感じで、次々とゴールがやってくるんだ。

ゴールしたらまたスタートラインに立つ。こうやって人生を歩んでいくんだ。

その道でベストを尽くす

どの道をチョイスするのは読者さま次第だ。

しかし、途中で変えてもいいかと思う。

必ず分岐点があるはずだ。

分岐点に立った時、このまま行くか道を変えるか考えればいいだろう。

正解は、読者さまが選ぶこと。

1人で悩む場合は、信頼出来る人に相談したり、Google先生で調べてみるといいだろう。

僕の場合だったら、Google先生で調べるかな。

それで無理なら友達や両親に相談する感じである。

圧倒的にGoogle先生で調べるけどね。

大概の問題は解決する。

Google先生は偉大だ。

さいごに

という感じで、今、生きている方はスタートラインに立っているんだ。

ゴールは常に変わっていく。

最終的には死ぬ時がゴールだろう。

そのゴールを華々しく迎える為にも、スタートラインに常に立ち、数々のゴールを突破していくんだ。

簡単そうで難しいのは分かっている。僕だって、そんなこと常に思っている訳ではない。

ただ、今、ゴールを目指しているけどね。

そのゴールを迎えたら、新たなゴールを想像している。

そう考えるとワクワクして仕方がない。

毎日、楽しいよ(笑)。

という感じで、読者さま、一緒に頑張っていきましょう!