挑戦に年齢は関係ない。早速挑戦しとく?!

かわんです。

今回は挑戦に年齢は関係ないというお話である。

ま、ありふれた言葉。実践は中々難しいけど。

例えば、異業種転職する挑戦を行う場合。

日本という社会は、年齢で職業が決まってしまうしね。

平均年齢より高ければその職業は無理みたいな感じだ。

最近、年齢不問とかあるけど、本当かなって感じである。

そんな感じで、今日は挑戦に年齢は関係ないというお話である。

既に、否定的なことを書いたので、これにて終了というお話になるが、理想的なことを書く。

まぁ、ツイッターの超長文版という感じで読み進めてほしい。

早速行ってみよう!

挑戦しないと後悔する

やらない後悔よりやって後悔。

結局後悔するやんw。

という感じであるが、挑戦しないと死ぬ間際に「挑戦すれば良かった」と思うかも知れない。

ぶっちゃけ、後悔のない人生なんてないと思っている。

後悔を1つでも減らしたいなら挑戦した方がいいと思うね。

まぁ、そういう環境であればという感じではあるが、環境を自分で作れるならベスト。

難しい?

それは、心の奥底で後悔する前提で考えてないかい?

後悔の原因を環境のせいにするとかね。

そう思うのは、とても簡単だよね。

違うんだよ、与えられた環境で後悔のないように生きるんだよ。

僕は挑戦を始めた

僕は新たな挑戦をしている。

まぁ、大したことないで。

それは、雑記からオピニオンに大きく舵を切った。

正確に言うと、オピニオンに戻った感じだ。

ブログをやり始めた頃、オピニオンばかり書いていた。

あ、オピニオンというのは、自分の思いや意見を書くことなんだけどね。

オピニオンって結構パワーがいる。

頭の中で思っていることを言語化するのは難しいのだ。

なので、オピニオンはいつの間にかやめて、楽な雑記を書いていた。

しかし、これではダメだと思って、オピニオンをまた書き始めたんだ。

これが、性に合っていて、毎日楽しくブログを書けている。

とりあえず、1日に4記事かな。理想は5記事なんだけど、能力の限界で無理である(笑)。

人生は常に挑戦だ?

個人的には否定的(笑)。

ま、やらないよりはやった方がいいと思うけどね。

どうなろうと、自分で責任を取る必要がある。

責任取れますか?

きっと避けるよね(笑)。

人生は常に挑戦だと思っているなら、ドンドン挑戦するべし。

挑戦なんて必要ないでって時は、現状維持で頑張るべし。

僕は、先ほど書いたように挑戦を始めた。

刺激があって楽しいんで。

雑記でマンネリ化してたからなぁ・・・。

オピニオンに舵を切って良かったと思っている。

ブログっていつでも方針変更出来る。

SEO的には特化したモノが良いそうだけど、僕はオピニオンに特化したブログを運営していくんだ。

ただ、人気はないで(笑)。

なーに、、、まだ始めたばかりなので、長い目で見ている。

成功の想像は出来ている。

あとは、そこに向かって突き進むだけだ。

現状維持でもOK?

現状意地で満足しているならOK。

挑戦は必要ない。

と言うか、現状意地に挑戦しているような感じはするね。

現状維持って地味に難しいからね。

毎日、同じスペックで現状維持しないといけない。

シンドイ時も悲しい時も現状維持で・・・。

現状維持は楽に見えて実はシンドイのだよ。

挑戦するには多少のお金が必要

挑戦することにもよるが、多少はお金が必要だろう。

これは頑張ってお金を稼ぐ必要がある。

貯金ガンバ!

例えば、ブログを書きたいのにパソコンがない場合、パソコンを買う為に貯金する必要がある。

「お金があれば挑戦出来るのになぁ・・・」

という感じで思っているなら、今日から貯金を開始するべし。

僕の場合は、生活資金しかないので、貯金は出来ていないけどね(笑)。

まぁ、僕はお金をほぼかけないで挑戦出来ているけどね。

先ほど書いたブログ記事の内容を雑記→オピニオンに変えた。

小さな挑戦?

いやいや、雑記を期待していた読者さまを失う可能性があるので、結構大きな挑戦だ。

今のところ変化はない模様である。

まぁ、オピニオン記事で読者になってくれる方が必ず現れると予想しているので、大きな心配はしていない。

それよりも、Googleさんからの検索流入がほしいね。

アクセス解析で見てるけど、オピニオン系の流入はなし。

ツイッター経由でのアクセスは増えた。

これは、ブログ記事を書いたら記事のURLを流すことにしているのでアクセスが増えていると思っている。

さいごに

何かしらの挑戦をしようと思っている方を後押しするような記事を書きたかった。

しかし、結果は挑戦するかしないかは、その人次第って感じで思っている。

挑戦しないと成長はしないかもだけど、既に成熟していたら、成長なんてしなくてもいいもんね。

僕だったら、自分を変えたいという感じで、オピニオンを書き始めた。

というか、先ほど書いたようにオピニオンに戻ったんだけどね。

明日死ぬとしても後悔はない。あ、離れて暮らす子供には会いたいかな(笑)。

オピニオンを書いて子供に会えたら最高だ(笑)。

おしまい。