ブログをやめる人の特徴を書いてみた

スポンサーリンク

かわんです。

ブログ歴2年です。ほぼ毎日更新していましたが、ブログ記事の整理を行い、1200→250記事となりました(笑)。

そんなことはどうでもいいとして、今回はブログをやめる人の特徴を書いてみたのでお付き合い下さいね。

早速行ってみましょう!

アクセス数を気にし過ぎ

アクセス数を気にしているのにブログの執筆をしない。ブログの場合、100記事書くとアクセス数が増えてくると言われています。

ま、根拠のない情報だと思いますが(笑)。闇雲に書いても無駄だと思いますね。ま、ブログの執筆をしないよりはした方がいいって感じはしますね。

アクセス数を増やすテクニックはあり、それを実践していますが今のところは効果がありません。

具体的な方法はキーワードを選定することです。キーワードが重要になってきます。

キーワードに沿って書いていけば、後々に効果があるかも。あくまで「かも」です。

僕自身、まだその効果を感じていないので、何とも言えないですね。

なお、「キーワードを選定すればいい」というのは、ネットの情報です。

なので、100%信用の出来る情報ではありません。最終的には検索エンジンであるGoogleさんのみぞ知るって感じです。

物書きが好きでない

ブログはガンガン文字打ちして執筆する必要があります。アクセス数が少なくても物書きが好きならブログを続けることが出来ます。

僕だって物書きが好きなのでブログを続けることが出来ています。

アクセス数が少なかろうが多かろうが関係なし。ま、アクセス数が多い方が嬉しいですけどね。

最近、ツイッターを再開して、ブログ記事のURLを貼っています。

アクセス解析を見るとツイッターからの流入があります。これは効果ありですね。

僕の記事って、雑記系が多いのでアクセス数を稼ぐことは出来ません。先ほど書いたようにとりあえずキーワードを選定していますが・・・。

今後、ブログ記事のURLをツイッターに貼り付けていきたいと思っています。

ブログを書く時間を作らない

僕の場合、1記事1.5時間くらい使っています。リサーチとキーワードの選定にかなり時間を割いています。

リサーチとキーワードの選定が終わったらマインドマップを作って、ひたすらマインドマップを見ながらブログを書く感じです。

これを読んで下さっている方にもそうしろとは言いませんが、ブログを書きたいなら1日10〜15分かけてブログの執筆をした方がいいです。

数日かければブログを書き終えることが出来ますからね。それが出来なければ、ブログをやめる可能性が高くなるでしょう。

ブログは無料で出来るので

無料のブログサービスがあるのでブログを始めやすいです。その裏にブログをやめることも簡単です。

なので、少しでもつまずくとブログをやめていきます。

ネットの情報でブログを始めても9割はやめると言われています。

僕にはブログ仲間がいますが、その仲間ももれなくブログをやめてしまっています。と言うか、放置状態になっていることを予想しています。

ブログ仲間だけどブログのURLが分からない状態。なので勝手な想像です。

ブログの楽しいところ

ブログの楽しいところは、人様に記事を読んでもらうことです。

僕、喋りは苦手ですが文章で伝える方が簡単だからです。

その程度であれば、ツイッターで充分かなって思うことがありますが、限られた文字数で表現するのは難しいです。

なのでブログがマッチしているような感じなのです。

まとめ

ブログをやめるかどうかは個人の自由。やりたいなら始めればいいし、やめたいと思ったらやめればよろし。

僕はブログを続けるけどね。ブログとの相性がいいって思っていますので。

ブログをやめる時は死ぬ時だ。ま、今のところはですけどね(笑)。

今日はここまで。

それではまた!