僕がブログを書き続ける理由

スポンサーリンク

f:id:Kawan0116:20190728100558j:plain

小さな文字が霞む・・・。視力低下か?今度メガネ屋さんに行ってみようかな。でも、メガネって高いんだね。ビックリした(笑)。

さて、今日は僕がブログを書き続ける理由を書きたいと思いますので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

アクセス数が増えると嬉しい

当ブログは2017年から運営しています。記事数は1200でしたが、250にまで減らしました(笑)。理由はアクセスのない記事を生かしていくのは無駄だと思ったからです。

その結果、アクセス数は変わらず。あくまで、僕の場合は記事を減らしても何ら問題ないのです。

今、アクセス数が増えるよう頑張っています。具体的にはキーワードを選定していること。文字数も多めに。僕だと1記事につき1500〜2000文字書きます。

文字数は少ないより多い方が良いらしいです。あくまで「らしい」ですけどね。正解はGoogleさんのみぞ知るって感じです。

ただ、検索の上位に表示されている記事は文字数が多いので、少ないよりは多い方が良いという感じですね。

なお、アクセス数を急増したければビッグキーワードで記事を書くこと。並大抵のモノではないので、ミドルキーワードかスモールキーワードで狙うと良いかもです。

僕の場合、ミドルキーワードでブログを書く場合が多いです。

ちなみに、この記事はキーワードを選定していません(笑)。たまには良いのです。

双極性障害

僕は双極性障害です。定期的に心療内科に行っています。僕の場合、先生から外出を控えるよう言われています。

しかし、買い物に行かないとダメなので週に2〜3度近所のスーパーやコンビニに行きます。

ちなみに、徒歩で行きます。自転車は怖くて乗れません。

なぜ怖いのかというと、自転車に乗っていたらすれ違うありとあらゆるモノにぶつかっていないかと不安になります。

なので、自転車には乗りません。徒歩が最強です(笑)。ま、暑いですけども・・・。

家で出来るから

ブログは家で書けます。ネット回線があるのでブログを書いて更新が簡単です。

なお、カフェやファーストフード店などでブログを書くことが出来ますが、先述したように外に出れないので無理です。

数ヶ月前は行けたんですけどね。今はドクターストップなので、必要最小限しか外に出ません。

書くのが好き

ブログを書くのが好きです。3度の飯よりも(笑)。

僕って、ホントにブログを書くのが好きなんです。魅力的なのは、自分の考えや思っている事を書いて読んでもらえる事。

あるいは、僕の記事に期待している人に届けたい。そんな感じで思っています。

死ぬまでブログを続けるつもりです。ブログを始めても9割はやめるって聞いたことがあります。

でも、僕はやめないぞ。死ぬまでやめないぞ!行けるところまで行ってやる!

iPadだけで出来るから

iPadをパソコン代わりに使っています。ブログを書く程度であればiPadで十分です。

iPadには様々なシリーズがありますが、僕は12.9インチiPad Proを使っています。

初代ですが現役バリバリ。不具合ないので快適に使っております。

iPadでBluetoothキーボードが使えるので、それを用意すればパソコン並みの快適性になります。

Bluetoothキーボードが嫌だって方はソフトウェアキーボードでも良いですね。

ソフトウェアキーボードとは、画面に表示されるキーボードです。iPadシリーズによりますが、12.9インチiPad Proであれば余裕です。

今は使ってないですが(笑)。

ソフトウェアキーボードでも練習次第で1500〜2000文字打てます。Bluetoothキーボードを買いたく方はソフトウェアキーボードを使ってみて下さい。

あと、iPadでマウスが使えたら最強です。僕の場合、iPadでブログを書いて2年経ちますが、マウスなしの生活には慣れています。

でも、使えたらもっと便利になるんだろうなぁって感じです。

巷の噂では、iPadOSがリリースされたらマウスが使えるようになるらしいです。あくまで「らしい」ですけどね。そうなるよう願っています。

まとめ

僕の場合、有料ブログを使っています。具体的に言いますと、「はてなブログ Pro」です。月に1008円かかります。1008円で1ヶ月遊ぶなら安いもんです。

ブログは無料でも始めることも出来るので、手軽に始められる趣味ですね。

趣味がないという人はブログを始めても良いですが、書くのが好きでない場合はオススメしません。

あと、ブログを始めるとアクセス数が気になります。アクセス数が少ないのでブログをやめるという場合もあります。

実際、僕の周りで2人がほぼブログを放置しているような感じです。

よって、アクセス数云々よりも、先述したように書くのが好きな方にブログをオススメしたいです。