久々に12.9インチiPad Proでソフトウェアキーボードを使ってみた。

スポンサーリンク

f:id:Kawan0116:20190805111546j:plain

かわんです。

ブルーライトカットメガネを使っています。目の負担が軽減されるはず。これで目のケアは十分だ?

さて、本日、12.9インチiPad Proのソフトウェアキーボードを使ってみました。今日はソフトウェアキーボードに関してあれやこれやと書いてみたのでお付き合い下さいね。

打ち間違いが多い

ソフトウェアキーボードは打鍵感が無いのが原因か打ち間違いが多いです。また、ホームポジションに指を置けないので辛いですね。

キーを押した時、正確にはキーに触れた時に音出すことが出来るのですが、騒ついた場所で使うと音が聞こえません。

あと、図書館など静かな環境でも音を出すのは困難でしょう。音を出すのは自宅限定となりそうです。

ショートカットキーが使えない

ソフトウェアキーボードはショートカットキーが使えないです。これは地味に痛いです。まぁ、12.9インチiPad Proはタッチデバイスなので、操作性は良いですけどね。

キーボードを見ながら変換候補も見るのがしんどい

ソフトウェアキーボードの場合、ブラインドタッチが出来ないです。

なので、キーボードを見ながら変換候補も見る必要があってしんどいです。目線の移動が増えるので目が疲れる原因となります。

ソフトウェアキーボードのサイズを小さく出来ない

12.9インチiPad Proもお話になるのですが、12.9インチiPad Proのソフトウェアキーボードを小さく出来ません。他のiPadでもそうかも知れませんが・・・。

まぁ、12.9インチiPad Proの場合は、これ以上小さくすると打ちにくいので、今のサイズがベストだと思いのですが・・・。

キーボードを分割出来ない

これも12.9インチiPad Pro限定のお話になりますが、キーボードを分割することが出来ません。この点に関しては、ちょっとだけ不満ですが、あまり不満にはならないです。

ソフトウェアキーボードはカスタマイズ出来ない

ソフトウェアキーボードはカスタマイズ出来ません。どうあがいても無理です。

今後のアップデートでカスタマイズが出来ると良いのですが・・・。

持ち運びはiPad単体で良い

iPadでソフトウェアキーボードを使えば持ち運びはiPadだけで良いです。Bluetoothキーボードを使っていたら、iPadとセットで持ち運びする必要があって、かさばります。

ノマドで目立たない

iPadでソフトウェアキーボードを使うと、ノマドで目立ちません。タブレットをいじっているようにしか見えないからです。個人的にはこの点は良いと思っています。

結論。ソフトウェアキーボードを使うか

ソフトウェアキーボードは気に入らないですが、しばらくの間はソフトキーボードを使います。

打鍵感が無くて打ち間違いが多いですが、先進的でカッコイイと思っているので(笑)。

あと、どんなキーボードを使っても打ち間違いはします。

なので、お気に入りのキーボードを使うのが良いですね。

まとめ

この記事を書くだけの為にソフトウェアキーボードを使ったのですが、今後はソフトウェアキーボードを使っていこうと決意。

僕はソフトウェアキーボードを使い続ける。

本当?

おしまい。