【ホムペ作成】iPadだけではあかんなぁってお話

スポンサーリンク

iPhoneのライトニング端子が瀕死で機種変更しようかなって思っているかわんです。

機種変更するならソニーのエクスペリアかなって感じですが、iPhoneで慣れてるのでiPhone Xあたりで考えています。

「エクスペリアって幾らするのん?」

って感じで調べたところ、あ、僕はauなんですが、約5000円とか・・・。

うーん・・・。高い・・・。。。

しゃーない、ライトニング端子が完全に逝くまでiPhoneを使おうっと。

さて、現在、iPadでホムペ作成してます。

Bootstrapを使おうかと思ったのですが、1から手打ちしたくてBootstrapは使わないことにしました。

でもね、不満があるんだ。

マウスが使えない

手打ち、すなわちコーディングなのですが、意外とマウスが使いたい衝動にかられます。

カーソルを移動するにはカーソルキーを連打する必要があるのですが、これがかなり面倒です。

嫌になりましたね(笑)。

コーディングアプリは「textastic code editor 7」一択だが・・・

ホムペを作るにはコーディングアプリが必要ですが、僕の場合はtextastic code editor 7を使ってます。

Coda iOSが有名で僕も持っていますが、プレビューしてもCSSが効かない状態になる事が多いです。

その時に、CSSのパスが違うのかCoda iOSのバグなのか分からないのです。

以前、その件についてサポートに問い合わせて言われた通りにしたんですが、改善しない事が多いです。

その点、textastic code editor 7であればそのような症状は出ないで良いです。

ただ、コード補完機能が中途半端でスペルを間違えてCSSが反映されない事がある。

まぁ、これは僕が悪いのですがコード補完機能が優れたらtextastic code editor 7一択です。

現段階でもtextastic code editor 7が良いですね。Coda iOSはアップデートに期待って感じです。

キーボードを使わないとダメ

iPadでコーディングするんだったらキーボードが必要です。ソフトウェアキーボードでは不可能です。

僕の場合はMagic Keyboardを使ってます。あまり気に入っていないのですが、コーディング用にわざわざキーボードを買うのはアホらしい。なので、Magic Keyboardを使います。

iPadだけでホムペ作成はあかんなぁ・・・

完全にPCなどの端末はスルーで、所有しているiPadとiPhoneだけで表示確認する事は出来ます。

趣味なんで、それでOKかなって感じですが、この先、ホムペ作成でお金稼ぎが出来たらって感じです。

それを実現するにはパソコンが必要かなって。ホムペ作成でPCを無視するなんて信じられない(笑)。

という感じで、ホムペ作成するには何かしたらのパソコンが必要かなって感じです。

Bootstrapを使った方が楽

以前、Bootstrapを使っている時はペライチサイトですが、3〜4時間で作成出来ていました。

もちろん、レスポンシブ対応です。規則に沿ってコーディングすれば、簡単にホムペ作成が出来ます。

こんな便利なフレームワークをどうして使わないって感じですが、1からコーディングしてみた感想は、かなりシンドイです。

グリッドで組んでいくのですが、floatがウザ過ぎる(笑)。

カラム落ちするし(笑)。ネガティブマージンを使えばサクッと解決なんですけどね(笑)。

Bootstrapであれば、そのようなウザさがないので楽です。

ま、趣味なんでホムペ作成に何時間でも時間をかける事が出来ます。

丁度良い暇つぶしになります。

まとめ

iPadだけでホムペ作成は出来なくはないですが、かなり苦労します。

やっぱり、ベストはパソコンを使うことだね。

MacBookが欲しい。

おしまい。