こだわりを捨てる

スポンサーリンク

部屋のど真ん中で作業するのが好きなかわんです。6畳の部屋で作業してます。

さてさて、僕はこだわりが強くて時に苦しくなるのですが、今日からこだわりを捨てます。

とりあえず思い付いたのがこちら。

キーボードのこだわりを捨てる

iPadを持ってます。iPadはキーボードが使えます。

僕は、キーボード大好き人間。3度の飯よりキーボードが好き。

「お腹いっぱいにならんやろw」

という感じですが、今まで10個くらいのキーボードを使ってきました。

最終的に残ったのはMagic Keyboardですが、1万円で購入した割にはコスパが悪いと思ってて、ソフトウェアキーボードを使ってました。

しかし、思うことがあってソフトウェアキーボードの使用を中止。

キーボードのこだわりはこれで終了。ソフトウェアキーボードは使わない・・・。Magic Keyboardを使ってく。

Magic Keyboardが壊れたら再びMagic Keyboardを買う。高いけど残念なキーボードを購入するよりはマシ。

使い勝手が分かっているキーボードを買うのが1番です。

掃除へのこだわりを捨てる

プロ級の掃除をしてやろうと思ってて、毎週木曜日に一生懸命やってます。

掃除に1時間ほどかけますが、絶対にプロには敵わないですね。

なので、サラッと掃除を終える感じでいこうかと。元々来客がほとんどないし綺麗にしておく必要はないよね。

部屋を綺麗にするのは気持ちが良いけど、掃除の時間を短縮してほかの事に当てたいなと。

掃除は最低限で良いと思うようになりました。

髪型へのこだわり

僕、カッコつけなんでw。ブサメンやけどw。髪型だけでもビシッと決めてやろうかと思ってたんですが、こだわりを捨てた。

今は、セットしなくて良いほど短髪です。髪型を気にする必要がないので良い感じ。

外出時はどうせ帽子をかぶるしね。髪型なんて気にしてもしゃーないね。

飲み物へのこだわり

飲み物はコーヒーでないとダメって感じでした。

1日に5〜7杯は飲んでたかな。ブレンディが好きでね。飲みまくり。同居しているオカンからダメ出しを食らってて嫌な気持ちに。

コーヒーの代わりは水です。コップに氷を2個入れて、水を注いて飲みます。

水ならオカンからダメ出しをされずに済むので良い感じ。

今は水しか飲んでません。水はゴクゴク飲めるし、後味もないので良い感じ。

コーヒーは後味があるからなぁ・・・。コーヒーを飲んでいるのにも関わらず、喉がかわいて水を飲むって感じでしたし。

LINEの返信のこだわり

LINEが入ったら直ぐに返信しないと気が済みませんでした。返信へのこだわりがあったんです。会話のやり取りは僕の返信で終了。

しかし、会話の段階で返信する必要がないって感じたら返信するのはやめました。

会話の相手は戸惑うでしょうね。僕、LINEが入ったら上で書いたように直ぐに返信してましたから。

でも、こだわりを捨てたので気が楽に。

作業中にLINEが入ると手を止めて返信してましたからねぇ〜。

服へのこだわり

家にいる時はジャージ、外出時はポロシャツとGパン。冬はコートを着るみたいな感じ。

その日によって服を選ぶなんてのは時間の無駄。固定すれば良いのです。

あの、スティーブ・ジョブズ氏もいつも同じ格好をしてましたよね。

それと同じです。服選びに費やす時間を他にあてる事が出来るので良いかなと。

あれ?逆にそれにこだわっているようなw。まぁ、服選びにこだわっている人よりはこだわっていない感じで。

食事へのこだわり

昔から食事へのこだわりはありませんでした。空腹を満たす事が出来れば何でも良いなと。栄養バランスとかあまり気にしないので(笑)。

ただ、サバとキュウリはNGです。生きている限り食べることはないかなと。

サバは生臭いしキュウリはニオイがダメ。この2つ以外は大体食べれます。

美味しい物を食べるとお腹を壊す習性があるので、美味しいものは正月くらいしか食べません。

まとめ

こだわりを捨てると身軽になれるような気がします。こだわりが自分を苦しめている場合がありますしね。

僕の場合だったらキーボード選び。ソフトウェアキーボードかMagic Keyboardか・・・。

こだわりを捨てた時、どちらが楽にタイピング出来るのかって思いが出てきます。

その結果、Magic Keyboardの方が楽にタイピング出来るのでソフトウェアキーボードは使わないという結論に達しました。

こだわりが無くなったので、今は頭がスッキリとしてます。

こだわりがあるのは良いことですが、それに苦しんでいるなら立ち止まって考えてみることをおすすめします。

おしまい。