少しだけiPadでソフトウェアキーボードを使ってみたけどやめた話

スポンサーリンク

かわんです。

キーボードにこだわりがある僕。10個ほど使ってきましたが、手元にあるのはMagic Keyboardのみ。

Magic Keyboardを特に気に入ってるわけではないので処分しようかと思いましたが、1台くらいは手元に残しておくべって感じで捨ててはいません。

Magic KeyboardはiPadで使ってまして、Macでは使ってません。Macを持ってないんでね(笑)

で、iPadではソフトウェアキーボードを使っててかなり気に入って使ってましたが、急に冷めました。

理由をこれから書きます。

ショートカットキーが使えない

ソフトウェアキーボードでショートカットキーが一切使えません。全て画面タッチで行います。

iPadはタッチデバイスなのでさほど支障はありませんが、Magic Keyboardでショートカットキーが使えると便利です。

僕の場合、記事を書く前にマインドマップを作成出来る「MindNode 5」を使うのですが、ショートカットキーを使いまくります。

ソフトウェアキーボードの場合は画面タッチで行うので、若干面倒です。

ソフトウェアキーボードとMagic Keyboardを比較するとMagic Keyboardの方が遥かに作業効率が良いです。

文字打ちのスピードが落ちる

ソフトウェアキーボードでも早打ちに自信がありますが、Magic Keyboardの方が遥かに文字打ちスピードが速いです。

1分1秒を無駄にしたく無いので、Magic Keyboardが良いですね。

というか、ソフトウェアキーボードより速く打てるキーボードであれば何でも良いです。

ただ、キーボードの中には品質が良くないモノがあるので、そこは注意した方が良さそう。

僕は某社製Bluetoothキーボードは絶対に買わないと決めています。

チャタリングするって分かってるはずなのに、そのまま商品化するあたりが許せないですね。

また、某社製のBluetoothキーボードは、使用開始後数分でキーが押されたままになりました。

品質悪すぎ。2つの某メーカー製のBluetoothキーボードは買わない方が良いです。

なぜ、会社名を出さないのかと言うと、個体差があるだろうって感じです。

なので、会社名を出すのはやめておきます。ちなみに、他国と日本メーカーです。

画面を広く使えない

ソフトウェアキーボードを使った場合、画面半分がキーボードの領域となって何だかもったいない気がします。こんな感じになります。

f:id:Kawan0116:20190423143735j:plain

せっかく画面が広いiPadなのだから、出来るだけ広く使いたい。ただ、これ以上ソフトウェアキーボードの領域を狭くするとタイピングがしにくくなるので、丁度良いサイズとなってます。

ドヤ顔出来ない

目立つことを恐れていたが、ドヤ顔したくなってきた。しかも、僕が思っているほど他人は気にしちゃいない。

仕事は自宅がベストであるのは間違いないですが、脱引きこもりを目指しているのでノマドを積極的にしたい。

ノマドで仕事が捗るが捗るまいが関係ないのだ。外に出れたらそれでOK。

ノマドで仕事は諦めたと書いたが、今、マクドナルドでノマドをしている。その記事は改めて書きます。

打鍵感が気持ち良い

Magic Keyboardは打鍵感が気持ち良いです。それだけに打鍵音が大きいのは残念です。まぁ、騒ついているマクドナルドは問題ないかと。とりあえず、打鍵音を静かにするよう気を付けています。

他のキーボードの使用を考えたが

上で書いたように10個ほどキーボードを使ってきましたが、今はMagic Keyboardしか持ってないです。

よって、新たにキーボードを購入して使おうと思ってましたが、キーボード代がもったいないので、Magic Keyboardを使い続ける事にしました。

図書館ではソフトウェアキーボードを使う

図書館でMagic Keyboardを使うのは気が引けます。なので、図書館ではMagic Keyboardの使用をやめます。

まぁ、図書館にはPC利用OKなブースがあるので、あまり気を使う必要はありませんが(笑)。

まぁ、1回図書館でMagic Keyboardを使ってみます。結構勇気がいりますけどね。

まぁ、頑張ります。

まとめ

ソフトウェアキーボードは好きですが、効率を考えるとMagic Keyboardかなって感じです。今後、ソフトウェアキーボードを使うのは図書館だけかなって感じです。

おしまい。