iPadのソフトウェアキーボードのメリットとデメリットについて考えてみた

スポンサーリンク

f:id:Kawan0116:20190329112648j:plain

フリーランス引きこもりブロガーのかわんです。

最近、小さな文字が見にくくなってます。中でもTwitterやLINEの文字が見にくい。文字サイズを大きくしてます。

さて、今使っているキーボードはMagic Keyboard。本当は、ソフトウェアキーボードで書き上げてやろうと思ってたのですが、あまりの打ちにくさに嫌気がさす(笑)。

でも、今日はソフトウェアキーボードのメリットとデメリットを書くのですが、結論から言うと、ソフトウェアキーボードはおすすめ出来ません(笑)。

僕的には、ソフトウェアキーボードは使えたモノではありません。過去にソフトウェアのキーボードを絶賛してますが、訂正して御詫び申し上げます(笑)。

ソフトウェアキーボードのメリット

ソフトウェアキーボードのメリットはこんな感じです。

持ち運びはiPadだけで良い

僕のiPadは12.9インチiPad Proなのですが、デカくて重いです。Magic Keyboardと合わせると1kgに迫る勢い。

ソフトウェアキーボードだと12.9インチiPad Proだけで良いので気が楽です。

バッテリー残量はiPadだけ気にすれば良い

バッテリー残量の確認は、ちょっぴりウザイ(笑)。

でも、iPadだけならウザさは軽減。Magic Keyboardもバッテリー式なので、iPadと合わせてMagic Keyboardのバッテリー残量を気にする必要があります。

これが面倒だと思ってます。

ソフトウェアキーボードは静音

ソフトウェアキーボードは静音キーボードです。設定で音を出す方法がありますが、その設定をしなければ完全静音キーボードです。

図書館など静かな環境で使う事が出来ます。

目立たない

iPadとキーボードだとノマドワークで目立つと思ってます。ソフトウェアキーボードだと目立ちにくいかと思ってます。

ソフトウェアキーボードのデメリット

ソフトウェアキーボードのデメリットを書いてみたいと思います。

打鍵感がないので打ちにくい

ソフトウェアキーボードは打鍵感がないので打ちにくいです。キーボードに打鍵感は大事!

画面半分がキーボードの領域となる

こんな感じで画面の半分がキーボードの領域となります。

f:id:Kawan0116:20190329112722j:plain

ただ、僕のは先程述べたように12.9インチiPad Proなので、あまり窮屈に感じる事はないです。

ショートカットキーが使えない

ソフトウェアキーボードはショートカットキーが使えません。これは結構痛いです。

ソフトウェアキーボードでショートカットキーが使えれば良いのになぁ・・・。

そもそもソフトウェアキーボードにはcommandキーがないので、ショートカットキーは絶対に使えないのです。

やはりMagic Keyboardが良いか?

やはりMagic Keyboardが最強です。ソフトウェアキーボードは絶対に使わないと思います。

Magic Keyboardが壊れたら再びMagic Keyboardを購入するでしょう。ソフトウェアキーボードは嫌いになった(笑)。

まとめ

ソフトウェアキーボードは、使い物にならないキーボードになってます。使っている方はいるのだろうか?

個人的には格安で良いからキーボードの購入をおすすめしたいです。

僕は、今後Magic Keyboardを使います。Magic Keyboardが使えない環境のみソフトウェアキーボードを使う感じで。

おしまい。