マインドマップの効果は絶大?試して分かったこと

スポンサーリンク

f:id:Kawan0116:20190312111639j:plain

僕はiPadでブログを書いているのですが、先日からMindNode 5を使ってマインドマップを書いてからブログ記事の執筆をしています。

MindNode 5の料金は1,800円。高い!!!でも、買って良かった。ブログ記事の執筆が大幅に捗るようになりました。

今日は、マインドマップの効果について書きたいと思います。

思考が整理される

ブログ記事を執筆する時は、頭で思ったことから順番に書いていました。ようするに思い付きですね(笑)。

なので、見出しをドンドン書き出して、それに沿って文章を書いていました。

とりあえず見出しを箇条書きにする訳です。しかし、見出しが出てこないとテキストエディタの真っ白画面が僕を襲う!

結局、見出しも書けないようになりました。

しかし、マインドマップを作ることにより、アイデアがドンドン出てきて書きまくる。

その結果、思考が整理され頭の中がスッキリ!めっちゃ良いやんというお話になりました。

MindNode 5が良い感じ

上で書いたように1800円出して買った訳ですが、元は直ぐに取れるなって感じです。

誰でも簡単に使う事が出来ます。確か1週間くらいお試しで使えたはずなので、興味のある方はチェックするべし。

マインドマップのメリット

僕の場合は1800円でアプリを購入しましたが、マインドマップは紙とペンさえあればOK。特別なものは必要ありません。僕は手書きが嫌なので、アプリを購入した感じです。

Googleで検索すると、マインドマップを見ることが出来ます。それらはとても美しい絵ばかり。見ているだけでもウットリとしますが、真似して書く必要はなし。

自分が分かりやすいようにマインドマップを書けば良いのです。

マインドマップのデメリット

マインドマップのデメリットを考えましたが、思い付きませんでした。強いて言うならアプリが高かったこと(笑)。

なお、iPadで使えるマインドマップのアプリで無料のモノがあります。始めのうちはそれを使っていたのですが、本格的にマインドマップを使うぞって感じで、MindNode 5を買いました。

まぁ、無料のマインドアップアプリでも事足りましたが、物欲で買っちゃった(笑)。

マインドマップを書く時間

僕はポモドーロテクニックを使っています。ポモドーロテクニックとは25分作業したら5分休むの繰り返し。

マインドマップにかける時間は50分ほど。とりあえずブログで書きたい事が見つかったら調べまくりマインドマップで纏めるという方法。

調べる時間とブログの執筆の時間をキッチリと分けています。メリハリが付いて良い感じだと思っています。

マインドマップでブログが書きやすくなる?

マインドマップで見出しを決めて、見出しに沿った内容のポイントを書き出します。

あとは、マインドマップを見ながらブログを書くだけ。ブログをかなり効率良く書くことが出来るようになりました。

過去にマインドマップを使ってた事があったが・・・

過去にマインドマップを使っていましたが、マインドマップを作るのが面倒でやめた事があります。

しかし、1800円のアプリを購入したことによりマインドマップを使いまくることにしました。

今後、マインドマップなしでブログを書く事はないかと思います。

どんなマインドマップを作ったか?

今回作ったマインドマップはこんな感じです。

f:id:Kawan0116:20190316170655j:plain

簡単過ぎるマインドマップ(笑)。でも、何も無いよりブログの執筆がしやすいです。

ちなみに、茶色のところがブログ記事のタイトルになっていて「記事構成」の後に続くのがブログの見出しになります。

キーワードなんかも抽出しています。キーワードの選び方は、ある単語でGoogleで検索し、ページ下にある「関連キーワード」で書けそうなキーワードを選びます。

キーワードの選び方は沢山ありますが、僕はこの方法を使っています。

まとめ

ぶっちゃけ1000文字程度で終わる記事かと思ったのですが、現在1751文字になっています。

どこからが長文になるのか分かりませんが、個人的には2000文字程度であれば長文になるかと思ってます。

上で書いたように、1800円も出して購入したアプリなので使いまくる予定にしています。

マインドマップはブログ記事の執筆と相性が良いかと思います。気になる方は紙とペンを用意してマインドマップを使ってみて下さい。

マインドマップ 最強の教科書 (ShoPro Books)
トニー・ブザン
小学館集英社プロダクション
売り上げランキング: 72,263