iPad Proでソフトウェアキーボードを使う事にした。USBキーボードは使わない

スポンサーリンク

かわんです。

iPad Proでは様々なキーボードを使ってきた。しかし、全てのキーボードを処分しソフトウェアキーボードを使うことにした。今日はこの辺りのお話をするのでお付き合い頂きたい。

ソフトウェアキーボードを使う理由

ソフトウェアキーボードは便利だね。持ち運びはiPadのみでOK。とてもお手軽だ。キーの打鍵感は無くて打ち心地は最悪だけど、慣れたらこれもありかなって思う。何よりキーボードに散財するような事はしないで済むね。

僕の場合、キーボードが大好きで様々なキーボードを使ってきた。1番最悪なのは某メーカーのキーボード。あのメーカーのBluetoothキーボードだけは絶対に買わないと決めている。

USBキーボードは良い線行っていたけど

USBキーボードをは良い線行っていた。しかし、見た目がスマートでは無いな。有線なのでケーブルが邪魔である。ただ、USBキーボード自体は結構良かった。打鍵感が気に入った。しかし、見た目にこだわる僕としては許せなかった・・・。よってUSBキーボードの使用はやめたんだ。

ちなみに、iPad ProでUSBキーボードを使うにはアダプタが必要。しかも、USBキーボードによっては使えない恐れがある。ここは要注意である。僕が購入したUSBキーボードは普通に使えた。

ソフトウェアキーボードは最高?

まぁ 、質の悪いキーボードを買うくらいならソフトウェアキーボードが良いという感じだね。質の悪いキーボードは遅延やチャタリングなどの不具合があるからね。文字打ちが捗らないよって感じである。イライラするしね。

まぁソフトウェアキーボードも打ち間違いが多いけど、遅延やチャタリングは起きないのでその点は素晴らしいと思う。

ソフトウェアキーボードを快適に使うコツ

iPad Proの12.9インチであればフルサイズのキーボードとなっていて、キーピッチが広くて打ちやすい。設定で音を出すことも出来るしね。音を出すといくらかは打ちやすくなるよ。ただ、僕は音を出す事はしないけどね。何故なら静かな環境で音を出すと目立つから。それが嫌なんだ。よって、ソフトウェアキーボードで音は出さない。

快適に文字打ちをするコツとしてはキーボードをチラ見しながら打つ事かな。ソフトウェアキーボード場合、キーの上に指を置けないのでホームポジションに指を置けない。よって、キーボードをチラ見しながら打つと良いだろう。

あとは、予測変換を上手く使う事。ソフトウェアキーボードのコツは「いかに打たないか」というのがテーマである。

ソフトウェアキーボードのメリット

ソフトウェアキーボードのメリット・・・。上で書いたように持ち運びはiPad Pro単体で良いし荷物が減る。しかも、音がしないので図書館など静かな環境で遠慮する事なく使える。

あとは、ソフトウェアキーボードは先進的でカッコイイと思っている。世の中のほとんどは物理キーボードを使っている。そんな中、iPad Proでソフトウェアキーボードを使うとカッコイイ(笑)。まぁ、自己満足だけどね(笑)。

なお、Windowsパソコンは既にソフトウェアキーボードを搭載したモノが販売されているみたい。この先、Macでもソフトウェアキーボードが搭載されるだろうと予測しているので今から練習を兼ねてソフトウェアキーボードを使う。

それ以外のメリット・・・。ないかな(笑)。出来る事ならキーボードを使った方が良いかも。キーボードは長く使うのモノなので、よく調べてから購入しよう。

なお、個人的にはSmart Keyboardがオススメかな。様々なキーボードがあるけど何だかんだでSmart Keyboardがベスト。僕が買うなら絶対にSmart Keyboardにする。価格が高いので買えないけど(笑)。

ソフトウェアキーボードのデメリット

ソフトウェアキーボードのデメリットは2つある。まずは、上で書いたけど打鍵感が無いので打ちにくい。2つ目はショートカットキーが使えない。ショートカットキーを多用するならキーボードを使おうという感じになる。

僕の場合は意外にショートカットキーは使わない。ただ、これはソフトウェアキーボードで行う事によって違うかな。ブログの執筆であれば全然問題ないけど、それ以外の使い道は・・・。多分、プログラミングでは難しいかも。それ以外はソフトウェアキーボードで事足りるかと思う。

まとめ

ソフトウェアキーボードの使用歴は2ヶ月だけど、未だに打ち間違いをしまくる。ソフトウェアキーボードは難易度が高い。かなり苦労している。まぁ、最初に比べると上達しているかと思うけどね。

特にソフトウェアキーボードをオススメしている訳ではないが、キーボード代を節約したい方はソフトウェアキーボードを使ってみてね。