ブログの書き方にあれやこれと悩むのはやめよう

スポンサーリンク

かわんです。

悪い癖でブログの書き方に悩む。具体的にはどの端末でブログを書くのか。あとは、Bluetoothキーボードを使うのかどうか。その悩みをやめる事にしたのでお付き合い頂ければと思う。

テキストエディタは何を使う?

ブログを書くにはテキストエディタが必要だ。僕の場合はDraftsを使っていた。ここは「はてなブログ」なんだけど、Draftsで書いたモノを公式アプリに転送し公開する時のみ使っていた。

なぜDraftsを使っていたのかと言うと、TextExpanderが使えるからだ。公式アプリは使えない。

でも、ユーザー辞書を使えば問題ないという事が判明。Draftsの使用はやめた。

今は公式アプリでこれを書いている。Draftsが無くても問題ない事が判明だ。Draftsを使う事は無いかなという感じだ。

Bluetoothキーボードを使うか否か

僕の場合、iPhoneでブログを書く事が多い。前はiPadを使っていたが、ソフトウェアキーボードに嫌気がさして使うのをやめた。

iPadでBluetoothキーボードを使えば良いが、「iPadでBluetoothキーボードは使わない」という謎のポリシーがあるのでiPadではBluetoothキーボードを使わない。

Bluetoothキーボードを所有している。ロジクール K480だ。

低価格なBluetoothキーボードで購入しやすい。iPhoneでロジクール K480は問題なく使えるが、使うかどうか悩む・・・。

ロジクール K480のメリットって何だろう?考えたところ、ショートカットキーが使えるほかのメリットはないと判明。

ブログの執筆でショートカットキーを使う機会はほとんど無いのでロジクール K480は使わなくても問題ないと思っている。

では、どうやって文字打ちするのか?iPhoneにはフリック入力がある。両手フリックとブラインドフリックが出来るのでBluetoothキーボード並みに快適だ。

よって、Bluetoothキーボードは必要ないと判断したのだ。

iPhoneではDraftsは使わないしBluetoothキーボードも使わない

先述したように悩むのはやめた。Draftsは使わないしBluetoothキーボードも使わない。今後は、公式アプリを使ってフリック入力でブログを書く。

iPadはお蔵入りだって感じだ。iPhoneでは出来ない事をiPadで行なおうと思っている。そういうシーンはあまりないが・・・。

iPhoneでブログを書くデメリット

iPhoneで書くデメリットは無いと思っている。1つだけあるとすれば、フリック入力に慣れるかどうか。

僕の場合は問題ないが、iPhoneでブログを書こうと思っている方は練習する必要がある。

練習を積めばキーボード並みに速く文字が打てるはずだ。

まとめ

iPhoneとフリック入力でブログを書くと決心。もう迷わない・・・。

と言いつつ、iPadでブログを書くかもだけどね(笑)。今のところは使うつもりはないが・・・。