Twitterのアカウントを削除した話

スポンサーリンク

かわんです。

2010年から使っていたTwitterのアカウントを削除した。今日はその辺りのお話をするのでお付き合い頂きたい。

謎の認証コードが・・・

Twitterでは2段階認証を使っている。IDとパスワードを入れれば認証コードが届くはずなのだが、一切届かない。何度試してもダメ。

ググってみて対策をしてみたけど全然ダメ。よって2日くらい放置。

そして、試してみたら認証コードが届くようになった。これで問題ないぜって感じだったが、今度は認証コードが届きまくる(笑)。

「パスワードが突破されてる!」という風に思ったのでパスワードを変更。「これで大丈夫!」と思っていたが、認証コードが届きまくる。酷い時で1時間に4通とか(笑)

パスワードの変更をしては認証コードが届きまくりの繰り返し。嫌になったね。パスワードの変更と認証コードの無限ループとか(笑)。

怖いのでアカウント削除

フォロワーさんが300人程いたが、「ごめんなさい・・・」という感じでアカウントを削除した。その直後から認証コードは届かなくなった。

謎の認証コードが届きまくる原因として考えられるのは、認証コードが届かないので、「認証コードを送れ!」という作業を何度もしたからではないかと思っている部分がある。

認証コードのリクエストをした回数に応じて認証コードが送られているのではないかと。

新アカウントを使う

新アカウントを使う事にした。こちらは積極的に営業していないのでフォロワーさんは少ない。割と好き勝手運営している。

削除したアカウントでは、フォロワーさんに気を使いながら呟いていたが新アカウントではその必要はない。フォロワーさんがほぼいないからね(笑)。

こっちの方が自由に呟けるよ。あと、僕は2つのブログとnoteの運営をしているけど、更新したらTwitterに流すようにしている。

削除したアカウントでは1つのブログを更新した時のみTwitterに流す事にしていた。全てのモノをTwitterに流すとフォロワーさんは混乱すると思った。

新アカウントでは、3つのモノ全てをTwitterに流すようにしている。これが良い感じだと思う。検索流入はTwitter系も多くあるからね。

お礼を言うのを忘れた

先述したように、フォロワーさんは300人ほどいてた。しかし、何の礼も無しにアカウント削除してしまった。これだけが心残りだ。

特に仲良くさせて頂いていたフォロワーさんにはきちんと礼を言うべきだった。

この場を借りて言おう。

ありがとうございました。お元気で!

まとめ

削除したアカウントは、先述のように2010年から使っていた。にも関わらずフォロワーさんは300人と少ないのは積極的にフォローしなくなったからだ。新アカウントでも積極的にフォローはしないつもり。

フォロワーさんか増えるとやりづらくなるし、期待に応えなくてはという考えが働く。

あと、フォロワーさんが減ると凹むしね(笑)。本当にフォローしたい方のみフォローしよう。

とりあえず、前アカウントで仲良くさせてもらっていた方を再びフォローしようかと思っている。

それをしたら「こやつは何者だ?」と思われてフォローのお返しはしてくれないかと思うけど(笑)。

まぁ、仲良しにさせて頂いていた方達のTwitterのアカウントを知っているので、お邪魔して「いいね」を付けようかなと思っている。

そのうち気が付いてくれるかも知れないしね。そこに期待しよう。