【人気の無いシリーズ】iPadでUSBキーボードを使っていたけどやめた話

スポンサーリンク

かわんです。今日は人気のないキーボードのお話。USBキーボードをiPadで使っててやめる事にした。

今は、ソフトウェアキーボードを使っている。今日はその辺りのお話をするので興味のある方は読み進めてほしい。

USBキーボードの使用をやめた理由

iPadでアダプタを使用すれば、USBキーボードを使える場合がある。キーボードには同梱されていないので、キーボードとは別で用意する必要がある。僕の場合は、サンワサプライのUSBキーボードを使っていた。アダプタはいつどこで買ったのか分からないが持っている。

このキーボードは600円程度で購入したのだが、コスパの高いUSBキーボードだ。しかし、JIS配列のキーボードとなっていてWindows PC向けのキーボードになっている。

このような場合、iPadではUS配列として認識するので記号は印字通りに打てない場合が多い。US配列のキーボードを使った事があるなら問題ないが、US配列のキーボードを使った事が無い場合は戸惑う。

僕はUS配列のキーボードを長らくの間使用していたので問題無かった。それなのに何故USBキーボードの使用をやめたのか。その理由は2つある。

1.持ち運びがしんどい

僕は社交不安障害で外に出るのが困難だ。しかし、今後は外に出てノマドをしたいと思っている。USBキーボードはサイズが大きくて重いので持ち運びに適していない。これが嫌だと思ったんだ。

2.画面タッチが面倒

USBキーボードは打鍵感が良くて素晴らしい。打ってて心地が良い。長文も余裕で使い勝手の良いキーボードだ。しかし、iPadに画面タッチするのが面倒だ。ここに嫌気がさしたんだ。

ソフトウェアキーボードが快適

USBキーボードは処分したので手元にあるのはソフトウェアキーボードだけだ。今後、USBキーボードを買う事はないだろう。ちなみにBluetoothキーボードを買う予定もない。Bluetoothキーボードは価格が高い。使ってみたいキーボードはあるがソフトウェアキーボードで慣れているので、買わないだろう。

ソフトウェアキーボードが快適だと思う理由は2つある。

1.カーソル移動が楽

ソフトウェアキーボードの場合、キーボードの上で2本の指で同時に押すとカーソルを自在に操る事が出来る。USBキーボードであればカーソルキーを連打するか画面タッチをする必要がある。

2.iPadの操作がしやすい

画面上に指があるのでiPadの操作がしやすい。iPadはタッチデバイス。それを実感している。指で自在に操作出来るので便利だ。また、USBキーボードであれば、マウスが欲しいと思っていたが、今はマウスが欲しいとは思わない。

ソフトウェアキーボードは万人向けのキーボードではない

ソフトウェアキーボードは打鍵感が無いので打ちにくい。設定でキーを押したら音を出す事が出来るので、打ちにくい場合はその設定をすれば良いだろう。

また、僕のiPadは12.9インチiPad Proなのでキーボードがデカイ。しかし、他のiPadシリーズではキーボードが小さいので苦労するかも。もし僕がそのようなiPadを使っていたら素直にBluetoothキーボードを使う。その方が快適だ。

また、ソフトウェアキーボードはショートカットキーが使えない。よって、ショートカットキーを頻繁に使う場合は、ソフトウェアキーボードの使用はやめておいた方が良い。

僕の場合はソフトウェアキーボードでブログを書いているが、ショートカットキーを使うのはあまりない。よって、個人的にはソフトウェアキーボードは使えると思っている。

ただ、1つだけ言える事は万人向けではない。選ばれし者だけが使えるキーボードだ(笑)。なお、過去に何度か書いているが、今後、キーボードはソフトウェアキーボードが主流になると思う。

Windows PCでは既にソフトウェアキーボードが採用されているモデルがある。Macもいずれそうなるだろう。その時に備えて今から練習する。なお、もしそうなってもMacは買えないが(笑)。

個人的にはiPadを使い続けるかと思う。ブログの執筆程度ならiPadで全然問題ない。ブログを快適に執筆する環境を整えているしね。Macで新しい環境にするのはしんどい。

まとめ

ミニマリストである僕は、USBキーボードを断捨離出来た。今後、キーボードの類は買わないだろう。テキスト打ちならソフトウェアキーボードで十分。ソフトウェアキーボードを飼い慣らす事は出来ていないが、使い込んでいけば問題は無くなるはず。

どんどんブログを書いて使いこなせるようになろう。