運転免許の更新を断念。移動手段は・・・

スポンサーリンク

かわんです。

昨年の話になるが、運転免許の更新を断念した。今日は、あれやこれやと書きたいと思うのでお付き合い頂きたい。全然関係ないが、iPadでブログを書いててソフトウェアキーボードを使っていたけど、あまりの打ちにくさにウンザリ。よって、格安のキーボードを使ってこれを書く。

それでは行ってみますか・・・。

精神病で外に出れなかった

今はかなり改善したけど、その当時は外に出るのが困難であった。唯一行けてた場所は、自宅から5分ほど歩けば到着するスーパー。2週間に1度の心療内科にも通っていたけど、何とかして行ってた。

それ以外は無理だった。免許の更新をする際、交通安全センターや運転免許試験場などに行く必要があるが、そこまで遠征するのが無理だったんだ。何度か免許の更新を試みたが玉砕(笑)。運転免許の更新は断念した。

ゴールド免許なのにもったない事をした。でも精神病の影響なので仕方がない。諦めた。

徒歩圏内しか基本的には無理

今も基本的に移動は徒歩だけど、歩いて20分以内なら徒歩で外出する事が出来るようになった。心療内科のドクターからは「徒歩で行ける場所を沢山作りましょう」と言われている。

今のところ3箇所ほど場所を見つけた。そして1駅くらいなら電車に乗る事が出来るようになった。心療内科には電車で行く必要があるので、勇気を出して行っている。

今の状態なら運転免許の更新が出来るかと思うが、確か規定があったかと思うので診断書が無いとダメだろう。診断書の内容によっては免許の更新が出来ない。恐らく今の状態でも更新は出来ないかと思う。

確認行為が酷い

徒歩で移動している場合、すれ違う人や自転車、車等とぶつかっていないか不安になり後ろを何度も振り返る。おまけに駐車場に停車している車に対してもぶつかっていないかと思う。

これがかなりしんどいので、出来れば外出は避けたい。ところが、今は毎日歩いて10分ほどの所にある駅まで妹を迎えに行っている。この状況なので今までと比べれば改善していると思う。

腹痛に対する恐怖

以前の記事で書いたかもだけど、外出する際は服痛の恐怖がある。徒歩の場合は直ぐに家に戻れるので恐怖は薄まるが、先述した心療内科に電車で行く場合、服痛の恐怖がかなりある。具体的な症状としては下痢だ。

普段、下痢をする事はあまり無いのだが、心療内科に行く日に限って下痢になりやすい。それを緩和させる為に心療内科に行く前日はほぼ断食する。その結果、下痢になる事はあまり無くなった。

ただ、当日少しでもお腹に違和感を感じたらストッパ下痢止めを飲む事にしている。これで何とかOKという感じだ。服痛の恐怖があるから、簡単に外出出来ないのもあるかと思う。

心療内科のドクターにはその旨を言っているが、今のところは「イリボー」を飲んでいる。「クリボー」では無いよ(寒!)。イリボーの効果もあるのかな?あまりそれは感じないけど。

今度、心療内科に行ったらドクターにその旨を言いたいと思う。

移動手段は・・・

先述したように、基本的には徒歩になるのかな。あとは電車になるのかな。電車は1駅限定だけど。今の時点ではこれが精一杯。今後の展開次第でどうなるか分からない。

ただ、徒歩は20分以内限定になるけど。それ以上のばすと足が疲れる(笑)。電車の場合は、2駅を目標にしたい。少しずつ少しずつ・・・。無理の無い範囲で・・・。

まとめ

移動手段は徒歩と電車。電車の場合は、徒歩10分ほどで駅に着くので不便はない。良いところに住んでいる。一応、駅近になるのかな?

精神病が改善したら電車でフラッと出かけたい・・・。それが今の目標だ。それを実現させる為に精神病の治療に専念したいと思う。