ブログは毎日更新しなくて良い。量より質を求めたい

スポンサーリンク

かわんです。

ブログをほぼ毎日更新しているが、今はそこにこだわる必要は無いと思った。かと言って、更新しなくても良いとは言ってないが(笑)。

今日は、ブログは毎日更新しなくて良いし、量より質を求めた方が良い理由を書きたいと思う。

更新が目的になってしまう

以前は毎日5記事ほど書いていた。今思うのは、記事の質より更新が目的だったように思う。重要なのは記事の質であり、更新した記事数は自己満足に過ぎない。

どれだけ記事を更新したところで、それに比例してアクセス数が増える訳ではない。勝手な思い込みで記事を書けば書くほどアクセス数が増えると思っていた。

それは大きな間違いだ。アクセス数が増えるかどうかは記事の質になる。

それに、質の悪い記事、ここでは読者にとって有益にならない記事にするが、Googleからの評価が下がるという事が分かった。単に更新数を求めて駄文ばかり書いているとダメだってことだ。

ただし、本当にGoogleからの評価が下がるかは分からない。ネットでの評判なので、本当かどうかはGoogleのみが知っていることになる。

量より質を求めるには?

簡単に言えば、自己満足な記事は書かないことだ。ただ、自己満足かどうかはあなたが決める事ではない。読者が判断するのだ。よって、自分自身が自己満足でないと思うならそれでOKだと思う。

ちなみに、この記事は自己満足だとは思っていない(笑)。まぁ、執筆者はある程度自己満足な部分があると思うので、自己満足が完全に悪いという事ではないと思う。

初級者は執筆に慣れる為に毎日更新した方が良い

ブログ初級者は文章力が低いというか慣れていない。僕自身は初級者ではないが中級者でもないと思っている。初級以上中級未満という感じだ。

初級者は、執筆に慣れる為に毎日更新した方が良い。書けば書くほど慣れてくる。あまり難しい事は考えずに文章力を鍛えた方が良い。

恥ずかしくて書けない?大丈夫。誰にも読まれないから(笑)。まぁ、はてなブログであれば読まれる可能性はあるけど、あまり気にしなくて良い。

読んでくれるのはごく少数だ。はてなブログで読者がいないうちは誰にも読まれないと思えば良いだろう。

繰り返すが、執筆に慣れる為に毎日更新しよう。Googleからの評価が気になるなら、メモ帳などでブログを書くことを想定して書こう。

でもね、文章の上手い下手、質の良い記事がどうかは読者が判断すること。あまり気負いする必要はないと思う。

少なくとも、自分自身は書いた記事に対して誇りを持つべきだ。誰かにあなたの記事が届けば良いじゃないか。

ブログは星の数ほどある。その中で誰かに読まれただけでも立派だと思う。僕はそう思っている。

誤字脱字に気を付ける

記事の質を上げる為には誤字脱字に気を付けたい。と言っている本人は誤字脱字しまくりだが(笑)。一応、3回は読み返すことにしている。

記事の質を上げたいなら誤字脱字はなしにする。これは基本的で簡単なので直ぐに取り組む事が出来るだろう。

と言うのも、誤字脱字のある記事を読んだ場合、そこが気になって仕方がなく、記事が頭に入らなくなる。よって、誤字脱字には気を付けるべきだ。

僕自身、ここがマイナスになっていて、気を付けるようにしている。それでもダメな事があるが・・・。気付いた時点で修正するようにしている。

人間は完璧な生き物ではない。間違ったものは仕方がない。誤字脱字が多いといけないが、多少の事なら大丈夫だろう。

質の良い記事は文字数が多くなる?

文字数に比例して質の良い記事になりやすいと思っている。あくまで僕個人の考えだが。

ただ、ひたすら長い文章を書けば良いというのでは無くて、あくまで読者に有益になる情報を届けるようにしたい。

Googleで検索すると、上位の記事は長文傾向にある。よって、沢山の人に読まれたいならより詳しく書く必要がある。そうなると自然と長文傾向になるだろう。

ただ、中には短文、多分1,000文字未満だと思うが上位に表示されている場合がある。

よって、文字数は関係なく、有益な情報を上位に表示させていると思う。あくまで僕の予想だが。

ようは文字数云々より有益かどうかをGoogleは判断していると思う。

読者に有益な情報を提供する・・・。簡単そうで難しい(笑)。

まとめ

今のところ、1日に1〜2記事書いているが、魂を込めて書いているつもりだ。

先述したように、以前は毎日5記事ほど書いていた。多分、内容は薄いし似たような事ばかり書いていたと思う。

何故そのような事をしていたのかと言うと、先述したように記事を書けば書くほどアクセス数が多くなると思っていたからだ。

しかし、それは間違いだった。今後はそういった事はしないだろう。

ただ、魂を込めた記事を書けるなら5記事でも10記事でも書くけど。

ブログは毎日更新しないといけない事をノルマとしている方は、ちょっと立ち止まって考えてみよう。

ブログ記事は量より質だ。