両親指フリックをやめた話

スポンサーリンク

かわんです。

数日間、スマホで両親指フリックの練習をしていましたが、やめた(笑)。

諦めが早い(笑)

諦めが早いのです(笑)

右手の親指が上手く動きません(笑)。

なので、ほとんど左手の親指で打っています。

おかげで左手の親指はかなり機敏に動くようになりました。

カメさんレベル

右手はカメさんレベルですね(笑)

あっ!?

スマホのフリック入力でブログを書き始めたこと自体、日が浅いって気付いた(笑)。

なので、慣れないのは仕方がないですね(笑)。

両親指フリックをしている

と言いつつ、今は両親指フリックをしています。

若干ではありますが、右手の親指はカメさんレベル10になりました(笑)。

まぁ、まだまだ練習が必要ねって感じではあります。

なぜ両親指か使われているのか!?

スマホの安定感を求めた時、スマホを包み込むように持つことで安定します。

なので、両親指が使われる事が多いのかなって思います。

ただ、僕の場合はスマリングを使っているので片手でも安定します。

なので、両親指にこだわる必要は無いのかな!?

練習を続ければいずれ速くなる!?

まぁ、練習を積めば速くなるでしょうね。

問題は、根気良く練習が出来るのかという点です。

無理だ(笑)。

ATOKが良い感じ

iPhone版ATOKを使っています。

高額アプリですが、キーの滑りが良いので重宝しています。

そのほかの機能は!?

標準のキーボードと大差ないですね(笑)。

標準のキーボードの滑りが良ければなぁという感じです。

まとめ

やはり両親指フリックは諦める。

練習するだけ時間の無駄である。

なので、左手でスマホを持つので左手は親指、右手はフリーになるので人差し指を使う。

まぁ、他の指でも良いですが人差し指が自然かなと思います。

短い間やったけど、左手の親指が機敏になったのは大収穫でありました。

両親指フリックの練習して良かったと思います。