両親指フリックに挑戦。指を代えるだけで・・・

スポンサーリンク

かわんです。

フリック入力する時、右手は人差し指、左手は親指を使っていました。

このスタイルで行こうかと思っていたのですが、両手フリックをしている方の動画を観ると両手の親指を使っている方がかなりいる・・・。

という感じで、それに合わせる形で右手を親指に代えました。

指を代えるだけで・・・

人差し指を使っている時はかなりの高速タイピングが可能ですが、親指に代えた途端、かなり打ちにくくなりました。

ウサギさんレベルがカメさんレベルになったような感じです。

ドラクエで言うとレベル99が一気にレベル52になった感じです(笑)。

まぁ、慣れるしかないですね。

頑張ってレベルを上げるぞ!

フリック入力の練習方法

フリック入力練習アプリがありますが、ミス打ちした時のアクションにイラッとくるので、ブログを書きながら練習しています。

ブログを書けて練習も出来る・・・。

一石二鳥ではないですか!?

右手の親指に違和感が

右手の親指に違和感があります。

腱鞘炎って感じですね。

まぁ、慣れたら痛みが治まるのか酷くなるか。

酷くなったら人差し指に変えようかと思っています。

指の担当

どのキーはどの指で押すのか決める必要があります。

これは人によって事なるのですが、僕は以下のような感じにしています。

  • 右手:さ列
  • 左手:あ列

という感じです。

「か列」は成り行きで押しています。要するに、どちらの指も使うという感じになります。

ただ、どちらの指で押すのか戸惑う場面があります。

これは慣れるしかないですね。

まぁ、まだ指を代えて1日しか経っていないので仕方がないですね。

スマホが汗まみれ

手が汗をかくので、スマホの背面は汗まみれになります(笑)。

壊れやしないかと不安になりますが、まぁ拭きながら使いたいと思います。

フリック入力が好きだ

実は、iPhoneのフリック入力はやめてキーボードを使いました。

しかし、打っててワクワクしない・・・。

なのでやめました。

キーボードでも打ち間違いするし、それならば好きな方法で文字打ちしようという結論に達しました。

もう迷わない。

フリック入力で行くぞって感じです。

まとめ

この記事はもちろんフリック入力で書きました。

1,000文字ちょいですが、中々快適に書くことが出来ました。

フリック入力は楽しすぎる(笑)

まるでゲームで遊んでみるみたいです。

スマホはフリック入力が最高!