フリック入力がヤバイ。めちゃ使えるやん

スポンサーリンク

かわんです。

MacBook Proが治ったと思いきや、かなりの頻度で強制再起動になるので使うのはやめました。

今はiPhoneを使っています。

今、フリック入力で書いていますが、今日はフリック入力がめちゃ使える話をしてみたいと思います。

キーボードより速い

キーボードでブラインドタッチが出来て高速で打つことが出来るのですが、フリック入力の方が速いです。

まぁ、計測した訳ではなく感覚的なことですが(笑)

ショートカットキーが使えないがどうでも良い

フリック入力はショートカットキーが使えませんが、そんな事はどうでも良い(笑)。

僕はフリック入力が好きなんだ(笑)。

パソコンでフリック入力で出来たら最高やねって感じです。

そんなものあるのかな?

あった。

ちょいと気になるなぁ(笑)。

音を消すと究極の静音キーボード

フリック入力の場合、キーを押すと音を出す事が出来ますが、個人的に無音か最高やね。

あの音は耳障りなので音を消してる。

そのような状態は究極の静音キーボードとなって、電車やバスの中など人混みの中でも堂々と使える。

超静かな図書館でも問題無く使えるだろう。

程良いサイズのキーボード

キーボードのサイズは絶妙な物となっていて、程良い大きさです。

これ以上小さくすると打ちにくいですね(笑)。

ATOKが便利

フリック入力ではATOKを使っています。

高額アプリとなっていますが、かなり使い勝手が良い。

漢字変換や予測変換は、標準のキーボードと大差ないですが、キーの滑りが良くて重宝しています。

まとめ

スマホを持つ手が汗をかくとスマホの背面か汗だらけになります。

これは何とかしたいですが、まぁ、古いスマホだしこのままで良いかなって思っています。

新しいスマホを購入したら背面ケースも同時に購入しよう(笑)。