僕がiPad Proのソフトウェアキーボードを使う理由

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

昨日からiPad Proでソフトウェアキーボードを使っています。

ソフトウェアキーボード、マジで便利です。

特に予測変換が便利ですね。

キーボード代を節約出来るし

ソフトウェアキーボードを使うとキーボードを買う必要はありません。

財布に優しいです。

僕はキーボードが好きでたくさんのキーボードを使って来ましたが、ソフトウェアキーボードが1番良いです。

もっと早く気が付けばキーボード代を節約出来たのに・・・。

予測変換が便利

上で書きましたがソフトウェアキーボードでは予測変換が便利です。

単語の先頭を打つだけで目当ての単語が出てくる場合が多いです。

また、単語のスペルを間違えても目当てのものが出てくる場合が多いです。

単語の打ち直しが減って良い感じです。

なお、キーボードでも同じことですが、ソフトウェアキーボードの予測変換はとても便利です。

入力の手間が省けて良い感じです。

iPad Proを軽量化出来る

僕のiPad Proが12.9インチでロジクール iK1200を装備しています。

この状態だと1.5kg程となって持ち運びが大変。

ところがiPad Pro単体だとかなりの軽量化となります。

持ち運びが若干しやすくなりました。

先進的でカッコイイ(笑)

iPad Proのソフトウェアキーボードを使っている方は少ないと思います。

Googleで検索しても、使っている方をあまり見かけないし。

なので、iPad Proでソフトウェアキーボードを使っている僕は先進的でカッコイイと思っています(笑)。

近い将来、MacBookでもソフトウェアキーボードになると予想しています。

その時が来る事を備えてソフトウェアキーボードの練習をしているのです。

マウスが欲しいとは思わない

キーボードを使っている時は、マウスが欲しいと思っていました。

しかし、ソフトウェアキーボードを使うことによって、マウスが欲しいと思わなくなりました。

画面の上に常に指がありますので、iPad Proを自在に操る事が出来ます。

iPad Proは画面タッチで最大の威力を発揮する端末だと思いました。

キーピッチが広い

僕のiPad Proは12.9インチなのですが、キーピッチが広いです。

フルサイズキーボードとなってますからね。

なので、窮屈感が無くて打ちやすいです。

ただ、キーを押したら音しか出ないので、キーを押した時に振動されたら尚更便利になると思います。

まぁ、音だけでも十分だとは思うのですが。

まとめ

ソフトウェアキーボードはかなり使える子です。

何より搭載されている機能を使わないのはもったいないですね。

今、キーボードの購入を考えている方は、試しにソフトウェアキーボードを使ってみて下さい。

きっと楽しいかと思いますよ。