ブログサロンを閉校した話

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

ブログサロンを運営していて2名の生徒さんがいました。

しかし、数ヶ月間運営していたブログサロンを閉講しました。

生徒さんにアドバイスしたら、

「そんな細かいこと言わんでも良いやん」

って言われました。

あれ?「僕講師なのに細かいこと言ってはいけないの?」って感じです。

そして「卒業する」って言ってきました。

残念です。

もう1名は既にブログの更新を終了されています。

よって、卒業を促しブログサロンは閉校する運びとなりました。

ブログサロンはコリゴリだ

良かれと思ってアドバイスしても、

「細かいこと言うなよ・・・」

って言われてしまっては、どうアドバイスして良いのか分かりません。

まぁ、放置プレイをかますのが1番良いかと思うのですが、どうしても放置出来なかったです。

今となっては失敗ですね。

もうブログサロンはコリゴリだ。

生徒さんのことを考えなくて良いので気分的には楽だ

今までは生徒さんの為を思ってあれやこれやとアドバイスしてきましたが、その必要が無くなったので、気分的に楽ですね。

生徒さんの事なんて気にしなくて良いし。自分のことだけ考えておけば良いかと思っています。

講師には向いていない

自分の不甲斐なさを痛感。僕は講師に向いていないようだ。

上でも書いたように、ブログサロンは2度と開講しないぞって思っています。

どうせやるなら有料で

この先、なにかの機会でブログサロンを運営することになったら、有料にしようと思っています。

僕が運営していたブログサロンは無料で開講していました。

人ってお金がかかると真剣になりますよね。

生徒さんは真剣にブログを運営していたかも知れませんが、それを感じ取ることは出来なかった・・・。

なので、上で書いたように人ってお金がかかると真剣になると思うんです。

そうしていれば、アドバイスを素直に聞いてもらって実行していてくれたかも知れません。

まぁ、今更どうのこうの言っても仕方がないですけどね(笑)。

まぁ、これからはブログ仲間として接していこう

僕は講師という立場ではないので、生徒さんに対してはブログ仲間として接していこうと思っています。

まぁ、どうなるか分かりませんが・・・。

まとめ

圧倒的にブログサロンの運営者には向いていなかった僕。

やっぱり一匹オオカミで活動していくのが1番だと思ったのでした。