【レビュー】iPhoneでロジクール K480を使ってみた感想

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

初代12.9インチiPad Proで仕事をするのはやめて、iPhoneで仕事をしています。

で、iPhoneで仕事をする時、ロジクール K480を使う事にしたので、今日はロジクール K480をレビューしたいと思います。

打鍵感が良好

キーボードにはうるさいのですが、ロジクール K480の打鍵感は最高です。

打鍵音も割と静かな方だと思います。ただ、完全静音ではないので要注意です。

ダイヤルで端末を切り替える事が出来る

ロジクール K480の場合、最大3台までの端末を登録する事が出来ます。

僕の場合だったら、

  1. iPhone
  2. 初代12.9インチiPad Pro
  3. iPad mini2

という感じで登録していて、ダイヤルを番号に合わせるだけで接続する端末を変える事が出来ます。

複数の端末があって、キーボードは1つにしたいという場合に最適です。

「英数」「かな」キーが便利

iPhoneの場合ですが、英語で打ちたい時は「英数」、日本語で打ちたい時は「かな」キーを押すと簡単に言語切り替え出来ます。

US配列のキーボードには無いキーなので、ロジクール K480は便利だと思います。

ファンクションキーが便利

ロジクール K480の最上部にはファンクションキーがあります。

ファンクションキーでは、音楽の再生や停止、音量調整などが出来ます。

あまり使わないキーではありますが、あると便利なものとなっています。

重いので持ち運びには適していない

ロジクール K480の場合、かなり重いです。

公式サイトによるとロジクール K480の重さは約815gとなっています(笑)。

MacBook並みの重さやんという結論(笑)

ロジクール K480は持ち運びに適していないので据え置きで使う事になりそうです。

でも、持ち運べない事はないかも。気合いがいるけど(笑)。

スタンド内蔵で便利

ロジクール K480にはスタンドが内蔵されていますので、iPhoneを立てかける事が出来ます。

縦置きでも横置きでも出来ますので便利です。

まとめ

ロジクール K480は低価格なBluetoothキーボード。

格安キーボードは1000円台からありますが、僕的にはもう少し頑張ってロジクール K480を使ってみて欲しい・・・。

きっと満足出来るキーボードだと思いますよ。iPhoneを使っている方はロジクール K480を使ってみて下さいね。