低価格だけど有名メーカーのBluetoothイヤホン。JBL TUNE205BT

スポンサーリンク
JBL TUNE205BT Bluetoothイヤホン マイクリモコン付き/オープンタイプ ブラック JBLT205BTBLK 【国内正規品/メーカー1年保証付き】

専業ブロガーのかわんです。

今回は有名メーカーのBluetoothイヤホン「JBL TUNE205BT」をご紹介します。

JBL TUNE205BTは価格の割に良いBluetoothイヤホンになっています。

約6時間の連続再生

JBL TUNE205BTのバッテリー持ちは最大6時間となっていて、1日に1時間程度の使用で約1週間バッテリーが持ちます。

なお、充電時間は2時間となっていて、そこそこ時間がかかります。

クイック充電には対応していないので注意が必要です。

音質は?

JBL TUNE205BTは有名なメーカー製ですが、低価格なので音質はあまり期待しない方が良いかと思います。

音質にそれほどこだわりがないならJBL TUNE205BTがおすすめかも知れません。

音質の感じ方は人によって異なるので出来れば試聴した方が良いです。

なお、BL TUNE205BTの購入者の声を聞くと割と悪くない感じになっています。

音の途切れは

JBL TUNE205BTに限らずBluetoothイヤホンは音が途切れる場合があります。

特に質の悪いBluetoothイヤホンだと、それが頻発する場合が多いです。

JBL TUNE205BTの場合はどうなんでしょう・・・

購入者の声を聞くとチラホラとあります。これは、JBL TUNE205BTが悪いのか、JBL TUNE205BTとペアリングした端末が悪いのかは分かりません。

でも、Bluetoothイヤホンは音の途切れがあるもんだと認識しておく必要があります。

それがどうしても嫌なら有線イヤホンを使うべきだと思っています。

動画の声ズレは?

JBL TUNE205BTに限らず、Bluetoothイヤホンやヘッドホンだと動画の声ズレが発生する場合があります。

どうしてもそれが嫌だという場合は、JBL TUNE205BTの購入はやめておきましょう。

最小音量は小さいか?

Bluetoothイヤホンの場合、物によっては最小音量でも大きい場合があります。

以前、iPhoneでパイオニア SE-MJ561BTを使った事があります。

その時、iPhoneを最小音量にしても、とても音量が大きかったです。

屋外で使うならちょうど良いですが、室内だととても音量が大きくて不快でした。

よって、JBL TUNE205BTでも同様になる可能性があります。

可能であれば試してみた方が良いかと思います。

起動音が大きい?

Bluetoothイヤホンやヘッドホンでは起動時と終了時に音が出るのがほとんどです。

JBL TUNE205BTの場合も音が鳴るでしょう。問題は音が大きいのかどうか・・・。

あまりに大きいと耳に悪いですからね(笑)。

壊れやすい?

JBL TUNE205BTの購入者の声を聞くと壊れやすいというのを耳にします。

まぁ、どんな商品でも当たり外れがある訳で、JBL TUNE205BTが悪いという事ではありません。

僕、最近12.9インチiPad Pro用にキーボードを買いましたがハズレを引きました(笑)。

まぁ、何とかして治したので今は快適に使っていますが・・・。

コードが長い?

JBL TUNE205BTの左右間長さは約80cmとなっています。

これは短いのか長いのか分かりません。実際に装着した方が良いですね。

個人的には少し長いかなって思っています。

ケーブルが長いと煩わしいですからね。可能であれば、お店で装着した方が良いでしょうね。

まとめ

JBL TUNE205BTはコスパの高いBluetoothイヤホン。有名なメーカーの物なのである程度は安心して使えそう。

何より、低価格で買えるのが嬉しいですね。

なお、上記の情報は執筆時点のものです。最新の情報は以下でチェックして下さい。