低音強化のEXTRA BASS。SONY SRS-XB21

スポンサーリンク
ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB21 : 防水/防塵/防錆/Bluetooth/専用スマホアプリ対応 ライティング機能搭載 2018年モデル ブラック

専業ブロガーのかわんです。

SONY信者なので、今日はSONY SRS-XB21を紹介します(笑)

決して安くはないけれど、満足度の高いものとなっているようですよ。

5時間の充電で約12時間の連続再生

SONY SRS-XB21の充電時間は約5時間となっています。

そこそこ長い充電時間ですね。

連続再生は約12時間ですが、音量を大きめにすると12時間も持たないようです。

まぁ、SONYが謳っていますので信用するしかありませんが・・・

重さは約530gと割りかし重い

SONY SRS-XB21の重さは約530gとなっていて、割りかし重いものとなっています。

カバンに入れるとズシッとくるかも知れません。

持ち運びを考えないのであれば、重さは気にならないかと思います。

低音強化のEXTRA BASS

SONY SRS-XB21は低音強化のEXTRA BASSを搭載。このスピーカーでは無いですが、EXTRA BASSを搭載したスピーカーを使ったことがあります。

その時に、

「低音ヤベー!」

って感じでした。EXTRA BASSを搭載したSONY SRS-XB21でも同じような印象になるかと思います。

防水・防塵・防錆

SONY SRS-XB21は防水・防塵・防錆となっています。

多少の水しぶき程度なら大丈夫なものとなっています。

ただ、水に浸してしまうと故障の原因となりますので、出来るだけ水に濡らさないのがベストだと思います。

動画の音ズレは?

Bluetoothスピーカーではありがちな動画の音ズレ。SONY SRS-XB21の場合は、どうなんでしょうか。

個人的には、多少の音ズレがあるのではないかと思っています。

完璧に音ズレを防ぎたいな有線を使うしか方法は無いと思っています。

音質は良い?

SONY SRS-XB21は上でも書いたようにEXTRA BASS仕様です。

EXTRA BASSシリーズは低音が強化されますので、低音が好きな方は満足出来るかと思います。

僕は低音が好きなので、SONY SRS-XB21を使ったら満足するだろうと思っています。

まとめ

Bluetoothスピーカーは1,000円台からありますが、SONY SRS-XB21は高いです。

個人的に、音質にこだわりが無ければ、低価格なスピーカーで良いと思っています。

しかし、少しでも音質を求めるならSONY SRS-XB21が候補に上がるでしょう。

僕、音楽系はSONYって決めてますので、お金があるなら速攻で書いたいですが(笑)

今は、買えないので我慢します・・・

なお、上記の情報は執筆時点のものです。最新の情報は以下でチェックして下さい。