iPhoneやiPadでは使えないが、タッチパッドが付いてて便利。iClever IC-BK08

スポンサーリンク
iClever キーボード 折り畳み Bluetooth usb タッチパッド 3つデバイス同時切替可能 スタンド ミニキーボード アルミ Windows Android iOS Mac 対応 IC-BK08

専業ブロガーのかわんです。

僕好みのBluetoothキーボードを探していたら、最終的にたどり着くのがiCleverさんのBluetoothキーボードになります。

今回もiCleverさんのBluetoothキーボードになります(笑)

それはiClever IC-BK08になります。観音開きのBluetoothキーボードとなっていて、持ち運びが簡単です。

それでは、紹介していきますね。

タッチパッドの反応は悪くない

iClever IC-BK08にはタッチパッドが搭載されています。これ、iPhoneやiPadでは使えませんよ。

このキーボードに限った事ではなく、タッチパッドを始めマウスもiPhoneやiPadでは一切使えません。

なので、iClever IC-BK08の欠点ではないので注意して下さいね。

なお、タッチパッドの反応は悪くないようです。安心して使えますね。

チャタリングは?

iClever IC-BK08に限らず、Bluetoothキーボードはチャタリングが発生する事があります。

iClever IC-BK08を使っている方の感想を読むと、チャタリングはほぼ発生はしていないようです。

ただ、お手元に届いたiClever IC-BK08でチャタリングが一切発生しないという訳ではありません。

Bluetoothキーボードにチャタリングはつきものだと認識しておく必要があるでしょう。

どうしてもチャタリングが嫌なら有線キーボードを使おうという結論になります。

キーピッチは?

iClever IC-BK08のキーピッチは16.5mmとなっています。

個人的には少し狭いかなっていう印象です。

慣れるまで大変ではないかと思います。

打ちやすいキーピッチは19mmと言われていて、それ以下になりますので出来れば試し打ちしてから購入すると良いかも。

でも、店舗には置いていないと思いますので、レビューを読み漁るしか無いのかなって思っています。

ちなみに、僕が何か物を買う時は、レビューを片っ端から確認します。

お金を使うのだから、シビアに行かないとダメですね。

折りたたみなので持ち運びがしやすい

iClever IC-BK08は折りたたみ出来るキーボードです。カバンに入れても邪魔になる事は無さそう。

小さめのカバンでOK。持ち運びが簡単ですね。

US配列

iClever IC-BK08のキーボードはUS配列です。

iPhoneやiPadでJISキーボードを使っている場合、「英数」や「かな」キーがあるので言語切替が簡単ですが、iClever IC-BK08にはそれらのキーはありません。

注意して下さいね。

キーを打った時の音は?

iClever IC-BK08の場合、キーを打った時の音はそれほど静かではないみたいですが、うるさくもないみたい。

こればっかりは使ってみないと分かりませんし、音の感じ方は人それぞれなので、自分の耳で確かめるしかありません。

まとめ

iClever IC-BK08は、とても便利に使えるかと思いますが、チャタリングが起きるかどうかですね。

チャタリングとは、例えば一回だけ「あ」と打った時に、自動で連続して「あああああ・・・」と入力されてしまう現象です。

僕が確認した限り、チャタリングは起きにくいという印象を持っています。

ただ、これはあくまで僕個人の感想なので、実際はどうなるか分かりません。

デモ機でもあれば試す事が出来るのですが・・・

なお、上記の情報は執筆時点のものです。最新の情報は以下でチェックして下さい。