スタンド付きで超便利なBluetoothキーボード。iClever IC-BK11

スポンサーリンク
iClever Bluetoothキーボード 折りたたみ式 二つ折り スタンド一体型 軽量 薄型 ワイヤレスキーボード iPad iPhone用 iOS/Android/Windowsに対応 IC-BK11(ブラック)

専業ブロガーのかわんです。

今回は、iClever IC-BK11を紹介します。2つ折り出来て持ち運びが簡単ですよ。

スタンド内蔵

iClever IC-BK11にはスタンド付きで、別途スタンドを用意する必要がありません。

スタンドが付いていないBluetoothキーボードの場合、キーボードとは別に用意しないといけません。

iClever IC-BK11だったらそのような手間はなし。

とても便利ですね。

重さは約164gと軽量

iClever IC-BK11の重さは約164gとなっていて軽量です。持ち運びが苦になりません。

上でも書きましたが、2つ折り出来ますので持ち運びが簡単です。

最大60時間のバッテリー持ち

iClever IC-BK11はバッテリー駆動なのですが、フル充電すれば最大60時間のバッテリー持ちです。

バッテリー切れの心配を大幅に解消しています。

iOS、Andorid、Windowsに対応

iClever IC-BK11の場合、iPhoneやiPadなどのiOS、AndoridやWindowsで使えます。

マルチペアリングに対応

iClever IC-BK11は最大3台までのマルチペアリングに対応。

使用中に簡単に端末を切り替える事が出来ます。複数の端末で使えるので便利ですね。

「Delete」と「Backspace」キー付き

iClever IC-BK11には「Delete」と「Backspace」キーがあります。

どちらか1つだけしか存在しないキーボードが多い中、両方とも使えるのは便利かと思います。

キーの間隔は?

iClever IC-BK11のキーの間隔は分かっていません。写真を見る限りかなりコンパクトなので、思うほどキーの間隔は広くないのではないかと思います。

チャタリングは?

iClever IC-BK11に限らず、どのようなBluetoothキーボードでもチャタリングが発生する可能性があります。

チャタリングとはキーを1回押しただけなのに連続して文字が入力されていまうこと。

例えば、「あ」って1回キーを押しただけなのに、「あああああああああ・・・」と入力されてしまうことです。

これが嫌であれば有線キーボードを使うべきです。

頑丈さは?

iClever IC-BK11の場合、アルミ素材を使っています。優れた耐久性を実現しています。

荒っぽく使うのはNGですが、普通に使っていれば問題ないかと思います。

まとめ

iClever IC-BK11は外出先でちょっとした書き物をするのに便利かと思います。

もちろん自宅で使っても問題ないとは思います。

という感じでiClever IC-BK11が気になる方はチェックして下さいね。