完全ワイヤレスのBluetoothイヤホン「QCY-T1BK」がAmazonに登場。2018年11月13日に発売開始

スポンサーリンク
QCY T1 Bluetooth 5.0 完全 ワイヤレス イヤホン 自動ペアリング 自動ON/OFF 両耳通話 AAC Hi-Fi 高音質 全指向性 マイク搭載 《メーカー1年保証》 ノイズキャンセリング TWS IPX4 防水 防汗 ブルートゥース イヤホン iPhone Android 対応 左右分離型 イヤホン bluetooth イヤホン 両耳 片耳 対応 Siri対応 ハンズフリー 通話 ブラック QCY-T1BK

専業ブロガーのかわんです。

最近、完全ワイヤレスイヤホンが流行っていますね。僕は買いませんが(笑)

完全ワイヤレスのイヤホンってカナル型が多いですよね。

僕の場合、必ず右耳側のハウジングがポロッと外れてしまいますので、完全ワイヤレスでカナル型のイヤホンは使いません(笑)。

さて、今回はQCY-T1BKを紹介します。完全ワイヤレスイヤホンです。

QCY-T1BKの発売は、Amazonの場合だと2018年11月13日〜になっています。

低価格な完全ワイヤレスイヤホンとなっていて、初めて完全ワイヤレスイヤホンを使うという方にオススメ出来る物だと思っています。

遅延のロスを大幅に軽減

QCY-T1BKにはBluetooth5.0により、ほぼゼロの遅延を実現しています。

ただし、動画を再生した時どうなるかですよね。ゼロ遅延を謳っていますが、こればっかりは試してみないと分かりません。

最大20時間の連続駆動

QCY-T1BK本体は最大4時間となっていて、フル充電された充電ケースで最大5回フル充電出来ます。

これにより、最大20時間の連続駆動を実現しています。

なお、充電は2時間かかります。

QCY-T1BKの音質

QCY-T1BKの場合、6mm径のダイナミックドライバーを搭載していて、重低音を重視した音質となっています。

ただ、音質の感じ方は人それぞれですので、実際に使ってみないと分からない事ではあります。

ノイズキャンセリング機能は?

QCY-T1BKにはノイズキャンセリング機能は搭載されていないようです。

写真を見る限り、ハウジングはカナル型になっているようなので、遮音性はある程度あるかと思います。

ただ、デジタルノイズキャンセリング機能は無いので、過度の期待は禁物です。

IPX4の防水性能

QCY-T1BKはIPX4の防水性能です。

水しぶき程度でしたら問題ないかと思いますが、僕なら出来るだけ水を浴びせないようにします。

万が一壊れらたら嫌なので・・・

タッチセンサーではない

ボタンはタッチセンサーではありません。物理ボタンになっていますので注意が必要です。

まとめ

思わずポチッとしてしまいそうでしたが、実際に使われた方のレビューを読んでから買うかどうか検討したいと思っています。

ただ、カナル型なんだよなぁ・・・ここがネックであります。

なお、イヤーピースはS、M、Lがあります。3サイズか・・・

やはりQCY-T1BKを買うのはやめておこうかな(笑)

という感じでQCY-T1BKはAmazonで2018年11月13日から発売開始されます。

気になる方はチェックして下さい。