V字型に慣れるかどうか!?折りたたみで軽量なiClever IC-BK06

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

キーボードが大好きで様々なものを使ってきました。

今は、ロジクール iK1200を使っています。12.9インチiPad Pro(初代)専用のキーボードです。

さて、今日はiClever IC-BK06を紹介したいと思います。

iClever IC-BK06は、軽量薄型で折りたたみ出来て中々便利かと思います。

V字型の形状

iClever IC-BK06の特徴はV字型のBluetoothキーボードになっています。

果たして慣れる事が出来るかどうか・・・。

お店でデモ機があれば試し打ち出来るのですが、マイナーなメーカーの為、デモ機はない可能性が高いです。

一発勝負で購入する必要がありそうですね。

持ち運びしやすい

iClever IC-BK06の場合、重さは約176gになっています。

折りたたみが出来る為、かさばることな無さそうですです。

カバンに入れても邪魔になる事はないでしょう。

キーピッチは広い

iClever IC-BK06は19mmのキーピッチとなっていて、とても打ちやすいキーボードになっています。

ただ、この辺は個人差ありそうなので、必ずしも打ちやすいという訳ではないでしょう。

60時間のバッテリー持ち

iClever IC-BK06の場合、最大60時間のバッテリー持ちです。

また、開閉により電源が自動的にON /OFFになるので電源の消し忘れを防ぐ事が出来ます。

US配列のキーボード

iClever IC-BK06はUS配列のキーボードです。

iPhoneやiPadでJIS配列のキーボードを使う場合、「英数」や「かな」キーがありますが、iClever IC-BK06にはありません。

よって、US配列に慣れる自信がない方はiClever IC-BK06の購入は控えましょう。

なお、iPhoneやiPadで当たり前に使えるショートカットキーは使えます。

キーの押し込みが固い?

実は、過去にiClever IC-BK06を使った事があります。

その時の印象としてキーの押し込みが固いと感じました。

よって、僕の場合はiClever IC-BK06の使用をやめたんですけどね(笑)。

あと、上でiClever IC-BK06はV字型になっていると書きましたが、僕は慣れる事が出来なかったです。

やっぱり上で書いたように試し打ちされる事をおすすめします。

キーボードは長く使うものです。試し打ち出来ないようなキーボードは買うべきではないと思っています。

まとめ

iClever IC-BK06はキーボードとしては高い部類に入ります。

その分、性能は充実していると思います。

上でも書きましたが、可能であれば試し打ちをして自分にマッチしているかどうか確認しましょう。