音質はともかく価格が安い。iHarbort Bluetoothイヤホン

スポンサーリンク

専業ブロガーのかわんです。

Bluetoothイヤホンは便利ですよね。色んなタイプのものがあります。

個人的にはBluetoothヘッドホンが好きです。

僕の場合、カナル型やオープンイヤー型の場合、右耳のハウジングが必ずポロッと落ちます。

どれだけ調整してもダメ。なのでBluetoothヘッドホンを使っているのです。

さて、今日はiHarbort Bluetoothイヤホンの紹介。音質はともかく低価格で販売されているBluetoothイヤホンですよ。

音質は賛否両論

iHarbort Bluetoothイヤホンの音質は賛否両論あります。こだわりが無ければiHarbort BluetoothイヤホンでOKかも知れません。

ただ、音質の感じ方は人それぞれなので、出来れば試聴した方が良いですが、マイナーなメーカーの為、試聴はほぼ不可能でしょう。

一発勝負で購入する必要がありますね。ただ、音質が良いとの感想を多く目にする為、音質は悪くないかなって印象を持っています。

まぁ、iHarbort Bluetoothイヤホンは価格が安いので試しに買ってみても良いかも。

問題は値段相応の音質かって事ですね。個人的には、価格が安いので音質はあまり期待出来ないかなって思います。

低価格

iHarbort Bluetoothイヤホンはかなり低価格です。

とりあえず何か1台Bluetoothイヤホンが欲しいという方におすすめです。

特にこだわりが無ければiHarbort Bluetoothイヤホンで十分でしょう。

スポーツにも最適

iHarbort BluetoothイヤホンはIPX5の防水性能です。

汗や水に強いですが、水浸しになると壊れる可能性があるので注意が必要です。

カナル型ではない

写真を見る限り、カナル型ではありません。

よって、ジョギングなど激しい揺れがある場合、耳からポロッと落ちる可能性が・・・。

ハウジングの形状はEarPodsみたいですので、EarPodsが合わない方はiHarbort Bluetoothイヤホンの購入を控えた方が良さそうです。

バッテリー持ちが長い

iHarbort Bluetoothイヤホンのバッテリー持ちは約8.5時間です。

1日1時間ほどの使用で約1週間はバッテリーが持ちます。

なお、充電時間は約1.5時間ほど。充電時間が短い割には長寿命バッテリーを搭載しているかと思います。

音飛びが少ない?

実際に使って試してみないといけませんが、Bluetoothの宿命とも言える音飛び。

iHarbort Bluetoothイヤホンはどうなんでしょうか・・・

CVCノイズキャンセリングだが、通話の時のみ

iHarbort Bluetoothイヤホンはノイズキャンセル機能がありますが、これは音楽再生時にノイズキャンセル機能が働く訳ではなく、通話のみの時だけです。

ここは注意が必要です。

まとめ

iHarbort BluetoothイヤホンはとりあえずBluetoothイヤホンが欲しい方におすすめ。

音質は価格相応みたいですが、こだわりが無ければ十分です。

ただ、どれほどの耐久性があるかは未知の領域です。

その点を踏まえた上でiHarbort Bluetoothイヤホンを購入すると良いかも知れません。